ワタシの旅じかん

Go around the world!!

月イチでどこかへ旅行したいと思っている沖縄在住のOLブログ。那覇から行けるアジア圏や、国内旅行が多め。
旅行記以外は沖縄食べ歩き、おうちごはんなど、食べ物の話題を中心に、いろいろ更新しています。

*ブログは週末に更新してます*

*画像は縮小とサイト名挿入以外の加工は一切致しておりません♪*
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
PROFILE
etc・・・
travel for a change

楽天トラベル株式会社

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

JAL日本航空 先得

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

A registration site


にほんブログ村


にほんブログ村

人気ブログランキングへ



写真素材 PIXTA

ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
My favorite shop


お買い物♪


かわいいカメラグッズのお店


ニコンのお店♪

My favorite travel items



スキミング防止に。


ミッフィーちゃんのモバイルバッテリー




旅行はぺたんこ靴が楽ちん♩

チェック中…。





欲しいけれど入荷がだいぶ先・・・


折りたためるハットは
イタリア行った時から
欲しかった!!



MOBILE
qrcode
PR
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マカオ街歩き。まだまだ続く世界遺産巡り
マカオの世界遺産を巡るのを中心とした街歩き。
旅行前に計画した通りに何とか順調に進んでいます。が、やっぱり行き損ねた名所もちらほらと・・・?

旅行前の計画→マカオ街歩き!30もの世界遺産を効率良く巡るルートって?!

これまでの世界遺産巡り↓

(1)マカオ街歩きのスタートは高台にあるギア要塞から
  世界遺産1.ギア要塞

(2)マカオを守る大砲がずらり!モンテの砦
  世界遺産2.モンテの砦

(3)マカオの世界遺産と言ったらコレ!聖ポール天主堂跡
  世界遺産3.聖ポール天主堂跡
  世界遺産4.イエズス会記念広場

(4)マカオ街歩き。セナド広場周辺には世界遺産がたくさん!
  世界遺産5.聖ドミニコ教会
  世界遺産6.聖ドミニコ広場
  世界遺産7.仁慈堂
  世界遺産8.セナド広場
  世界遺産9.民政総署

セナド広場周辺には、世界遺産がいくつもあります。セナド広場からすぐの路地にある三街會館(Sam Kai Vui Kun /Templo de Kuan Tai/關帝廟)もその一つです。

三街會館

ずっとヨーロッパ調の建物を見てきたので、こんな中国式の建物が現れると、ちょっと不思議な気分になります。とは言ってもこの廟の周りには古い商店や屋台の雑貨屋さんやお土産屋さんがあったりとするから、セナド広場周辺の、ヨーロッパの雰囲気漂う場所からから中国へ戻ってきたような感覚でした。

お線香

建物の中に入ると、日本のお寺でお馴染みの懐かしい香りがしました。天井からつるされた大きならせん状のこちらの物は、なんとお線香なんです。面白い〜!!一つでどのくらいの時間、使えるのでしょうか?!




この後は、今回の世界遺産巡りでゴールと設定した、媽閣廟を目指して進みます。途中で見つけた世界遺産は全て寄ります。まずはドン・ペドロ5世劇場(Teatro D. Pedro V/崗頂劇院)へ。

ドン・ペドロ5世劇場

オシャレ扉

ミントグリーンがとてもきれいな建物です。街灯とつるされたお花の鉢植えがすっごくかわいくて、これもヨーロッパの街並みのようで、すごく素敵だなぁと思いました。こちらのドン・ペドロ5世劇場は今もコンサート会場として使用されているようです。世界遺産の建物で演奏が聴けるなんて、すごい!

オシャレシャンデリア

ダンスホール

1階はダンスホールなのでしょうかね。きれいなシャンデリアがつるされた広いホールがありました。世界遺産でへんてこダンスを披露する私(汗)

ホール

二階席

2階席はこんな感じです。気さくな警備員さんがいて、写真どうぞ、撮ってくださいと言ってくださったので遠慮なく撮影させて頂きました。世界遺産のコンサートホールで鑑賞できるって、ものすごく贅沢ですよね。会場はあまり大きくないから、収容人数は限られそうですが。

聖オーガスチン教会

ドン・ペドロ5世劇場の向かいには、聖オーガスティン教会(Igreja de Santo Agostinho/聖奧斯定教堂)がありました。クリーム色の壁がとてもかわいらしくてキレイな教会です。中の見学もできそうなのですが、入り口探しても休館しているようで、柵がありました。すぐ近くに聖オーガスティン広場もあるはずなのですが、それらしい場所が見つけられませんでした。どこにあったのかなぁ?残念です。



聖オーガスティン広場、次回は見つけられるかしら(汗)

ロバート・ホー・トン図書館


ドン・ペドロ5世劇場と聖オーガスティン教会の近くに、ロバート・ホー・トン図書館(Biblioteca Sir Robert Ho Tung/何東圖書館大樓)があります。あれ?ネットで調べてみたら、この図書館は「聖オーガスティン広場にあるレモンイエローの建物は図書館」と紹介されていました。(→)ということは、一応聖オーガスティン広場へも行けたということで良いのかな??何だか消化不良な気分ではありますけれど。

案内板

ロバート・ホー・トン図書館を紹介する案内板です。右側のクリーム色の建物が聖オーガスティン教会です。すごく近いですよね。教会の前、木があるあたりが聖オーガスティン広場かなぁ?と旅行中は思いましたけれど、うーむ、どうなんだろうか。

中階段

こちらの図書館は、現在も普通に使われているようで、手前のコロニアルな建物の奥には白とガラスの近代的な建物がありました。訪れた時も学生さんが勉強したり、中庭のカフェスペースでくつろいでいました。図書館なので、我々観光客は静かにひっそりと見学させて頂きました。

中庭

石像

訪問した時は、冬なのに最高気温26℃予報の日だったので、こちらの中庭は緑がきれいだし、静かで涼しくてとても過ごしやすかったです。図書館での勉強の休憩で過ごすにはとても良い空間だなぁと感じました。



聖オーガスティン教会周辺の世界遺産を見た後は、媽閣廟に向けて再び移動しました。

案内板

世界遺産の案内板を見つけました。こちらは、聖ローレンス教会(Igreja de S. Lourenço/聖老楞佐教堂)の案内板です。これを見つけると嬉しい♪

聖ローレンス教会

聖ローレンス教会

クリーム色と白がすごく素敵な外観の教会です。こちらの教会はマカオ三大古堂の一つだそうです。昔、ここから海が見えたそうで、ポルトガル人はこの場所から航海の安全のため、良い風が吹くようにとお祈りをしていたそうです。

天使さま

きれいな天使様の像が。

植木

ちょっと変わった?形に整えられた敷地内の植木。何だかかわいらしい。
教会の中も見学することができました。ステンドグラスの窓がとてもきれいでした。お祈りに来ている人も多かったので、観光客の私たちはひっそりと見学させて頂きました。




にほんブログ村
↑クリックありがとうございます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

るるぶマカオ
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/1/14時点)


うちはるるぶとことりっぷの2冊持ち。




チャック付きの小銭やスーツケースの鍵が入れられるスペースがあって便利♪




薄手のはかさばらないから便利!UVカットなのも嬉しい。




きれいめファッションならコレ、歩きやすいよ♪




お揃いストラップ付けてカメラは斜め掛けしてスタンバイ!




レンズキャップにチェーン付いているから、キャップの着脱が楽ちん♪


マカオ街歩き。セナド広場周辺には世界遺産がたくさん!
マカオの世界遺産を巡るのを中心とした街歩き。
旅行前に計画した通りに何とか順調に進んでいます。

旅行前の計画→マカオ街歩き!30もの世界遺産を効率良く巡るルートって?!

これまでの世界遺産巡り↓

(1)マカオ街歩きのスタートは高台にあるギア要塞から
  世界遺産1.ギア要塞

(2)マカオを守る大砲がずらり!モンテの砦
  世界遺産2.モンテの砦

(3)マカオの世界遺産と言ったらコレ!聖ポール天主堂跡
  世界遺産3.聖ポール天主堂跡
  世界遺産4.イエズス会記念広場

聖ポール天主堂跡の見学の後は、セナド広場へ向かいました。セナド広場周辺は世界遺産が密集しているので、見逃さないように周りをキョロキョロ(笑)

聖ドミニコ教会

黄色の外壁がかわいらしいコロニアルな教会、聖ドミニコ教会(Igreja de S. Domingos/玫瑰堂)です。聖ポール天主堂跡から聖ドミニコ教会への道のりは、人が多く、お土産屋さんやコスメショップなどなどが並び、とても賑やかです。そんな賑やかな場所から急にこの教会が現れるのでびっくりしました。
聖ポール天主堂跡の記事にも書きましたが、カメラのレンズ内に結露が出来てしまい、画像は白くもやもやしています(泣)

入り口

ベトナム、ホーチミンで見た中央郵便局と同じような雰囲気だなぁと思いました。(→)アーチ型の入り口や天井から吊り下げられたライト、グリーンの扉がすごくオシャレで素敵でした。

教会と広場

聖ドミニコ教会の前に広がるのが、同じく世界遺産の聖ドミニコ広場です。波模様の石畳がすごくオシャレです。この広場からセナド広場までと、この石畳が続いていました。

聖ドミニコ広場からセナド広場へ

旅行したのが旧正月前だったので、セナド広場まで続く通りは、中国らしい赤の提灯が飾られていました。コロニアルな雰囲気と丸い赤がとてもきれいでした。

世界遺産の案内板

通りを歩いていると、世界遺産の案内板がありました。これはどの世界遺産の案内板かな?

仁慈堂

セナド広場の前にある、仁慈堂(Santa Casa da Misericórdia/仁慈堂)の案内でした。こちらの建物は福祉施設として設立された建物で、現在は1階が公証役場、2階が博物館になっているそうです。中の見学ができるようですが、訪れた時は門が閉まっていました。あれ?
ガイドブックによると、13時から14時半の間は見学できないようです。訪れた時間帯、確か13時くらいでした。1階が公証役場だから、職員のためにきっちりお昼休みを取得されているのかな?

セナド広場

セナド広場(Largo do Senado/議事亭前地)です。波模様の石畳がキレイな広場なのですが、中央で何やら作業をしていて、ちょっと残念な景色になっていました。旧正月のために特設ステージ設置中なのでしょうかね。

民政総署

セナド広場の向かい側にある民政総署(Edifício do IACM/民政總署大樓)は白い外壁がきれいな建物でした。コロニアルな雰囲気とは違った趣です。

建物

建物の中も白がキレイです。白壁と青いタイルの組み合わせが、何となく南欧のイメージかなって思いました。両脇に置かれたポインセチアもかわいらしいです。

きれいタイル

アズレージョ

このタイル、すっごくキレイです。タイルはポルトガル文化の影響なのでしょうか。何だかリゾートホテルの中に迷い込んだような気分になりました。




にほんブログ村
↑クリックありがとうございます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

るるぶマカオ
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/1/14時点)


うちはるるぶとことりっぷの2冊持ち。




チャック付きの小銭やスーツケースの鍵が入れられるスペースがあって便利♪




薄手のはかさばらないから便利!UVカットなのも嬉しい。




きれいめファッションならコレ、歩きやすいよ♪




お揃いストラップ付けてカメラは斜め掛けしてスタンバイ!




レンズキャップにチェーン付いているから、キャップの着脱が楽ちん♪






JUGEMテーマ:世界遺産(海外)



JUGEMテーマ:海外旅行 総合



マカオの世界遺産と言ったらコレ!聖ポール天主堂跡
マカオに世界遺産が30もあるとは知らなかったけれど、マカオで有名な建物と聞いて浮かぶのは、大きな石造りの教会です。実は恥ずかしながらそれが世界遺産の一つ、聖ポール天主堂跡という名称だということを知ったのは、今回の旅行でマカオについて調べている時でした。

ギア要塞モンテの砦に続いて訪れたのは、この聖ポール天主堂跡です。
マカオ博物館のエスカレーターを下りて、地図を片手にこちらかの方かな?と移動してくると、目の前に石が積み重なっている高いものが飛び込んできました。

石

何だろう?コレ、何かの遺跡の跡みたいだなぁって思っていたら、相棒ちゃんが、
「もしかしたら、これが聖ポール天主堂跡なんじゃないの?」
と。えぇぇぇ?!コレ?そうなの??

私は勝手な思い込みで、聖ポール天主堂跡に到着したら、正面から見るあの姿が目の前に現れると思っていました。なので、まさかこんな横からとは思わず、油断をしていたと言えばいいのか(汗)

聖ポール天主堂跡

すぐに正面へと向かい、真正面から聖ポール天主堂跡(Ruínas de S. Paulo/大三巴牌坊)を見ました。わぁぁぁ、スゴイ!
1602年にイエズス会によって作られた教会で、当時「ローマ以東で最も美しい教会」と言われていたそうです。確かにすごく美しいと思います。現在は、このファサードと言われる正面壁しか残っていません。火災で焼失してしまったそうです。こういう建物って、復元するものかなぁと思っていましたが、しなかったのですね。ファサードが充分存在感があるから、これはこのままの方が良いのかな。

正面だけ残っている。では、その裏側ってどうなっているのでしょうか?

裏側

裏側はこんな感じでした。焼失前の建物の柱の跡かな?と思われる場所も残っていました。裏には博物館がありました。それから殉教者の納骨堂もあるそうです。

聖ポール天主堂跡と広場

聖ポール天主堂跡に続く階段には多くの観光客がいて、写真をバシバシ写していました。
中国や韓国の若い女性が多くいましたが、彼女たち、写真を撮る時、モデルさんみたいにポーズ決めますね。すごくかわいらしいなって思いました。流行っているのかなぁ〜?あ、でも私も学生の時は結構色々な格好して写していたから、そういう年頃なのかな。
ちなみに右手の木々がある方にマカオ博物館へと続くエスカレーターがあります。聖ポール天主堂跡からモンテの砦へ向かう際は、右へ進んでくださいね。

写真と言えば、ここで残念なトラブルが発生!

何と、私のレンズ内に謎の結露が発生!!
そのため、撮影した画像全てに薄っすらともやがかかってしまっていました(涙)原因は分からないのですが、暑い屋外と空調の効いた室内の出入りで結露ができてしまったのかなぁと思います。撮影画像をモニターで確認はしていたものの、快晴だから眩しくて白く写っているのかなくらいに思っていただけに、かなりショック!!
しかも一番の見所と思っていたこの場所で起こるなんて。
応急処置でレンズを拭いてみたけれど、レンズ内が曇っているので、拭き取ることはできませんでした。

イエズス会記念広場

そんな訳で紫外線がきつくて白トビしている訳ではなく、結露でもやがかった画像が続きます。

こちらの聖ポール天主堂跡の前に広がる広場は、こちらも世界遺産のイエズス会記念広場です。こちらの広場から聖ポール天主堂が一望できるとあって、人が多かったです。

スヌーピーショップ

イエズス会記念広場の前には、スヌーピーショップがありました!
スヌーピー、カワイイ!!とすぐに食いついて、スヌーピーをバシバシ写していて、全然気がつきませんでしたが、写真左手に写っている茶色の案内に板は、世界遺産の名称や説明が書かれています。QRコードがあって、スマホで読み込むとその世界遺産についての説明を見ることができます。今まで見てきたギア要塞やモンテの砦では、この案内板を見つけることができませんでしたが、どこかにあったのかな?どちらも敷地が広かったから、気がつかなかったのかなぁ〜。

ブロンズ像

白いもやもやがぼんやり写りこんでしまっていて、すごく残念なブロンズ像画像ですが・・・(泣)こちらのブロンズ像には、中国とポルトガルの友好の意味があるそうです。きれいな輪を画像におさめたかったのですが、人が多くてこの構図が限界でした。

ブロンズ像

↑撮影by相棒ちゃん

お土産屋さん

聖ポール天主堂跡とイエズス会記念広場からセナド広場方面へと続く道には、お土産屋さんがたくさん並んでいました。ここでマカオのお土産を色々見られるかな?と思いましたが、並ぶお店は食べ物ばかり?エッグタルトと大きな真四角のジャーキーしか目に入りませんでした。ジャーキーは全形の海苔くらいの大きさで、試食用にキッチンバサミでジャキジャキカットしていました。面白いから写したかったけれど人がいっぱいだったので止めました。
結局、ここでマカオの有名なガロの雑貨を買うつもりでしたが、見ることはできずに残念でした。マカオ博物館のミュージアムショップでガロのマグネットを買っておいて良かった。

ガロマグネット

マカオ博物館のミュージアムショップで買ったガロのマグネット♪





にほんブログ村
↑クリックありがとうございます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

るるぶマカオ
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/1/14時点)


うちはるるぶとことりっぷの2冊持ち。




チャック付きの小銭やスーツケースの鍵が入れられるスペースがあって便利♪




薄手のはかさばらないから便利!UVカットなのも嬉しい。




きれいめファッションならコレ、歩きやすいよ♪




お揃いストラップ付けてカメラは斜め掛けしてスタンバイ!




レンズキャップにチェーン付いているから、キャップの着脱が楽ちん♪




JUGEMテーマ:海外旅行 総合



JUGEMテーマ:世界遺産(海外)



マカオを守る大砲がずらり!モンテの砦
マカオの世界遺産を巡るのを中心に、ちょこっと寄り道をして世界遺産以外の場所に訪れたり、ローカルフードを味わったりと、街歩きを楽しみました。
世界遺産を巡るルートは、事前に少し調べましたが、(→30もの世界遺産を効率良く回るルートって?)世界遺産以外にも訪れたい場所があるので、全て回るのは難しいだろうから、せめてガイドブックにピックアップされていた世界遺産は最低限回りたいなぁと思いました。
最初に訪れたギア要塞の次に向かったのはモンテの砦(Fortaleza do Monte/大炮台)です。

タイル案内板

マカオの街歩きで頻繁に見かけた、通りの名前が書かれたタイルです。とってもおしゃれで素敵な案内板ですよね。

住宅街

レトロな住宅を眺めながら緩やかな坂道を登って、砦へと向かいました。
この日は、お天気に恵まれたし、気温も上昇して、最高気温は26℃になりました。歩いていると汗ばむ陽気でした。雨だったり、寒かったりすると街歩きがきついので、本当に良かったなぁと思います。

銃口が!

坂道を登りきると、大きな石の塀が見えました。上から「ドカーン!」という子供の声が聞こえたので、何だ?と思って見てみたら、銃口が。あぁ、なるほどと納得しました。

砲台

ここ、モンテの砦はイエズス会の修道士によって築き上げられた要塞で、22もの砲台があるそうです。マカオ総督に渡った後は、官邸として使用され、その後軍事施設や気象庁が置かれたりとしたそうです。現在はマカオ博物館があります。

グランドリスボアマカオ

グランドリスボアマカオ

モンテの砦の後にグランド・リスボア・マカオが出来た訳だから、まぁこうなるよね・・・の図。大砲が全て、グランド・リスボア・マカオを向いているのが何とも(汗)

要塞として作られているので、やっぱり高台にあります。なので、眺めがとても良いです。

マカオの街

高層マンション

空気が良ければね(涙)せっかくの見晴らしの良さが、もったいない。
ここからドローン飛ばしている人がいました。カメラ搭載のドローンかしら?!どんな風に撮影できるのでしょうかねぇ。見てみたいです。

マカオ博物館

大砲と景色を見た後は、このマカオ博物館のエスカレーターを利用して下に下りていきます。
今回、私が辿った世界遺産ルートは、るるぶマカオに掲載されていた、ギア要塞からスタートするルートなのですが、ことりっぷに掲載されていたルートを辿る場合、このマカオ博物館のエスカレーターを利用して下から登ってくると移動がとても楽になりますよ!マカオ博物館は見学に別途入場料をお支払いしますが、このエスカレーターは見学ゾーンの外にあるので、ぜひ利用したいですよね。

エスカレーター

こちらがマカオ博物館へ続くエスカレーターです。
マカオの世界遺産の中でもとても知られている聖ポール天主堂跡の階段を上がって右手に進むとありますので、ぜひ利用しましょう♪

マカオ博物館にあったミュージアムショップでお買い物♪

ガロマグネット

マカオと言えば、幸運を呼ぶと言われているガロ。
我が家の「冷蔵庫を世界のマグネットで埋めようプロジェクト」用に購入しました。
実はこの旅行でガロのグッズを色々買う予定にしていたのですが、お土産屋さんを見つけることができませんでした。このミュージアムショップに寄って良かったなぁと思いました。観光地だからお土産屋さん、どこにでもあるでしょうって安易に考えていたのですが、お土産屋さんを目にすることはありませんでした。エッグタルトやジャーキーが店頭に並ぶお店は見かけたけれど、ガロを扱うお店って、あったのでしょうかね?






にほんブログ村
↑クリックありがとうございます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

るるぶマカオ
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/1/14時点)


うちはるるぶとことりっぷの2冊持ち。




チャック付きの小銭やスーツケースの鍵が入れられるスペースがあって便利♪




薄手のはかさばらないから便利!UVカットなのも嬉しい。




きれいめファッションならコレ、歩きやすいよ♪




お揃いストラップ付けてカメラは斜め掛けしてスタンバイ!




レンズキャップにチェーン付いているから、キャップの着脱が楽ちん♪



JUGEMテーマ:世界遺産(海外)



JUGEMテーマ:海外旅行 総合



マカオ街歩きのスタートは高台にあるギア要塞から
マカオ街歩き。
計画通り(→30もの世界遺産を効率良く回るルートって?)、マカオにある世界遺産を巡るのを中心に、世界遺産以外の場所に訪れたり、ローカルフードを味わったりと、街歩きを満喫しました。
朝9時過ぎにホテルを出て、まずはタクシーでギア要塞へ向かいました。
タクシーの運転手さんには日本語はもちろん通じないけれど、広東語なのかな?英語も通じるのでしょうか?
私はどちらも使えませんので、ことりっぷの地図に書かれている日本語と漢字(広東語?)が両方表記されているものを見せました。運転手さんが高台を指さして、「あっちのだよね?」って(多分)聞いているのでしょうけれど、場所は分からないし、多分そこだと思うので(適当)「そうそう、イエス」みたいなゆるく返してみたら、タクシー出発。ちょっぴり勾配のある坂道を登って行き、タクシーが停まりました。到着の模様です。
タクシー代は小銭を集めてちょうどぴったりお支払いできました。(この時点では前日、タクシー代をお札で払ったらお釣りもらえなかったと勘違いしているので、お釣りなしで支払う事に必死でした・笑)

案内板

タクシーを降りた場所のそばには、公衆の化粧室があり、何やらそこでは水浴びしている人たちがいました。ん??何事?と思いましたが、よくよく周りを見てみると、ジョギングしている人がたくさんいました。なるほど、走った後、汗を流しているのでしょうね。
その化粧室を左手にゆるい坂道を少し上がったところに案内板がありました。「東望洋燈塔」の文字を見つけたので、そちらへと進んでいきます。

タイルに地名

マカオの街歩きでは、このタイルに書かれた通りや地名をよく見かけました。ポルトガル文化の影響なのでしょうかね。このタイルがすごく素敵だなって思いました。

入り口

ゆるい坂道をゆっくり登って行くと、入り口らしき場所に到着です。

植木がドラゴン

植木がドラゴン♪

ランプと表札

錨が描かれたランプと表札がオシャレ

風速計かな?

中に入ると、まず飾られていたのが丸や三角、色々な形が組み合わさったものがぶら下がっていました。その横の壁には写真入りのパネルがあり、英語と広東語?北京語?で解説が記載されているようです。読めないけれど、昔、この辺りで大きな災害があったようで、水害がひどかったようです。沖縄もですが、この辺りも台風の影響が強いのではないでしょうか。この吊り下げられている物は、風速計なのかな?と解釈しました。

撮影スポット

錨は撮影スポットかな?!

ギア要塞

灯台と教会です。
昔、ポルトガルの船が台風に遭遇してしまった時に、この灯台の明かりが船を導いたそうです。船乗りたちは聖母マリアのご加護だと信じて、この場所に教会を建てたというお話があるそうです。なるほど、船乗りのゆかりの場所だからあちこちに錨のモチーフが使われているのですね。

灯台

船を導いた灯台

教会

教会。中も見学できます。(撮影はNGです)

砲台

要塞なので、砲台が置いてありました。

リスボアホテル

ここだけ景気が良い?!グランド・リスボア・マカオ

高層住宅

マカオ半島で一番高い場所にあるギア要塞なので、眺めはとても良いです。残念なのが、大気汚染の影響か、空が…。せっかくの晴天で、見晴らしの良い場所から見る景色なのに、本当に残念です。

青空・・・

遠くを写さなければ、何とか青空がキレイに撮れるけれど…。





30ある世界遺産、まずは1つを見ることができました!お天気も良いし、引き続きマカオの街歩きを楽しみますよ。


にほんブログ村
↑クリックありがとうございます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

るるぶマカオ
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/1/14時点)


うちはるるぶとことりっぷの2冊持ち。




チャック付きの小銭やスーツケースの鍵が入れられるスペースがあって便利♪




薄手のはかさばらないから便利!UVカットなのも嬉しい。




きれいめファッションならコレ、歩きやすいよ♪




お揃いストラップ付けてカメラは斜め掛けしてスタンバイ!




レンズキャップにチェーン付いているから、キャップの着脱が楽ちん♪




JUGEMテーマ:海外旅行 総合




JUGEMテーマ:世界遺産(海外)



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.