ワタシの旅じかん

Go around the world!!

月イチでどこかへ旅行したいと思っている沖縄在住のOLブログ。那覇から行けるアジア圏や、国内旅行が多め。
旅行記以外は沖縄食べ歩き、おうちごはんなど、食べ物の話題を中心に、いろいろ更新しています。

★2017年2月の長崎旅行記を更新しました★

★2017年1月のマカオ旅行記更新しました★

*ブログは週末に更新してます*

*画像は縮小とサイト名挿入以外の加工は一切致しておりません♪*
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
etc・・・
travel for a change

楽天トラベル株式会社

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

JAL日本航空 先得

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

A registration site


にほんブログ村


にほんブログ村

人気ブログランキングへ



写真素材 PIXTA

ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「骨折り損の・・・」な春でした
    ruri (05/22)
  • 「骨折り損の・・・」な春でした
    マハロパパ (05/16)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    ruri (05/09)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    マハロパパ (05/07)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    ruri (05/06)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    ruri (05/06)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    ruri (05/06)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    rabi (05/06)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    つちくれ (05/05)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    模糊 (05/05)
RECENT TRACKBACK
My favorite shop


お買い物♪


かわいいカメラグッズのお店


ニコンのお店♪

My favorite travel items



スキミング防止に。


ミッフィーちゃんのモバイルバッテリー




旅行はぺたんこ靴が楽ちん♩

チェック中…。





欲しいけれど入荷がだいぶ先・・・


折りたためるハットは
イタリア行った時から
欲しかった!!


もうひとつ欲しいモバイルバッテリー

レンズ交換不要になるのかなぁ??
旅行で使いたい高倍率ズームレンズ
MOBILE
qrcode
PR
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
上海3日目 豫園の南翔饅頭店で朝ご飯♪→帰国
最終日

お部屋に置かれていた癒しのグリーン♪

上海3日目!いよいよ最終日です。この日は午前中に豫園観光、お昼には上海空港へ移動して14:50発の飛行機で那覇へと帰ります。ホテルのチェックアウトは12時だったので、予め荷物をまとめておき、観光から戻ってきたらすぐに出発できるように準備して、豫園へと向かいました。今回の旅行で利用したルネッサンス上海豫園ホテルから歩いてすぐなので便利でした。

豫園へ

クラシカルなお店

今回の上海旅行は滞在中、お天気に恵まれて非常に快適でした。気候もちょうど良かったから街歩きも楽しかったです。余談ですが、前日に歩数は30,000越え!とたくさん歩いていましたが、『休足時間』を足の裏とふくらはぎに貼っていたので筋肉痛もなくスッキリ目が覚めました。
さて、朝の豫園、観光にはまだ早い時間だろうから人はそんなにいないのかなぁと思っていましたが、全然そんなことはなく、団体のツアー客もいて賑やかでした。そうだ、観光客は朝が早いんだった(笑)

南翔饅頭店

朝ご飯にと決めていた南翔饅頭店に着きました。1階のテイクアウトを予定していましたが、何と、テイクアウトは11時からの営業なのですね。事前に調べたサイトには朝早くから営業していると書いてありましたが、日曜日は違うのかな?仕方がないので2階の食堂で食べることにしました。

南翔饅頭店

この先、奥の階段から2階へ行きます。ここの南翔饅頭店は1階がテイクアウト、2階が食券機がある食堂、3階がオーダー制のレストランだそうです。上に行けばいくほど小龍包の値段が上がっていきます。サービス料込の価格になるという感じでしょうかね?私たちは2階に行きたかったのに、何故か数段(4〜5段)上がった3階へと行ってしまい、引き返せない状態に(汗)ま、あまり時間もないからいいかと結局3階で食事をすることにしました。

メニュー

メニューを見ると小龍包以外にも中華料理が色々ありました。でも朝ご飯だからそんなにがっつり食べられないので、お店の看板メニューである小龍包と湯包を注文しました。

湯包

湯包

お茶

まずは、湯包(タンパオ)45元(約900円)です。肉まんにストローがささっています。これはスープ肉まんというのでしょうか。中に蟹のスープが入っています。熱いスープをストローで飲むのってすごくドキドキします。勇気を出して飲んでみるとヤケドするほど熱くはなくて、でもぬるくなくて程よい熱さでおいしかったです。蟹の風味がすごくてこれはたまらない!時々スープと一緒に蟹の身が口に入るとラッキー♪って思ってしまいます(笑)
お茶はふだんの食事より脂が多いかも、ということで口の中の脂を流すためにオーダーしました。

小籠包

針ショウガと一緒に

小籠包は定番のものとエビ入りのものと2種類オーダーしました。それぞれ35元(約700円)、40元(約800円)でした。針ショウガがたっぷり用意されているのでレンゲに針ショウガと小龍包をのせてそのまま頂きます。スープたっぷりでおいしい!小龍包、これは素晴らしい食べ物ですよっ。エビ入りのものは豚肉だけのものと違ってエビの旨味も加わりこれまたおいしいです。熱々のうちにあっという間に食べてしまいました。


ところで、湯包(タンパオ)って、スープ入り肉まんだから、スープ飲んだら外の皮は食べていいのですよね?
でも周りで湯包食べている人がいないから、それでいいのか分からない(汗)

「あの人、皮食べなくていいのに食べているよ。あー、これだから田舎者は」(←妄想)

って思われるのか、それとも、

「あの人、皮残しちゃっているよ。あー、もったいない。これだから田舎者は」(←妄想)

ってなるのか、どっちだー!!


で、結局。

湯包の中

割ってみて、セイロからお皿移してイタダキマシタ。残したらもったいないし、皮がスープ吸っておいしかったし、蟹の身もザクザク残っていたし。うーん、でも、どうやって食べるのが正しいのかなぁ?これも少し冷めてからセイロから移したから、セイロに皮がくっついてしまってきれいに取れなかったのですよねぇ。ネットで調べてみたけれど、食べ方は探せなかったし・・・。私にとっては『おいしかったけれど、イマイチしっくり受け入れ難い不思議な食べ物』でした。




食後は豫園を少し散策です。


湖心亭

前日の夜に見たライトアップの幻想的な湖心亭と比べると、明るい時に見る湖心亭はクラシカルで重厚な雰囲気で、これまた素敵です。背景に高層の建物が見えるのも面白いなぁと思いました。写真的にはタワーは写らない方が良かったのかも知れませんが・・・。

豫園観光終了

豫園にはたくさんお店があるので、何軒か見て回りましたが同じようなものが販売されているような印象です。国際通りのお土産屋さんもそうだもんなぁ。特に欲しいものはなかったので、これにて豫園観光は終了にしました。この後、少し地元の人が行き来しているだろう集合住宅のあたりを歩きました。日本で、「日本人がスパイ疑惑により中国に拘束された」というニュースを見ていたので、観光地以外の撮影は控えました。

ホテルに戻り、荷物を持ってチェックアウトです。

ロビー

ホテルのロビー

カニの絵

カニの絵

私が気に入った蟹の絵



3日間お世話になったホテルを後にし、地下鉄で再びリニアが乗れる龍陽路駅へと移動しました。

リニア

リニアが来ました!スマホで自撮りしている旅行者がいっぱいいました!おぉー。ナルホド。
昼間だからという事と、欧米人の観光客がバシバシカメラ撮影しているのと、上海に慣れてきたという事もあり、行きの慎重さ(→)はなくなり、帰りは私もリニア内を撮影しました。

ブルーのシート

リニアの中はきれいなブルーのシートです。3名がけの座席となっています。来た時もそうでしたが、車内は空いていてゆったりと座れます。まぁ7分半しか乗らないのですけれどね。

車内

昼間のリニア旅なので、流れる景色を見ることができました。(これは出発前の画像です)

最高速度

最高速度は行きと同じく301kmでした。欧米人観光客が「ワオー!」なんて言いながら連写していましたので私も便乗して写しました(笑)これ以上、スピード出せるらしいけれど、安全運転なのかな。安全が何よりですよね。うん。

さて、外国では日本以上に時間に余裕を持って行動をするので、空港で少し時間が出来ました。朝ご飯は南翔饅頭店で食べたけれど、お昼は食べていないので、空港で軽く食べておくことにしました。

青島ビール

とりあえずの青島ビールは45元!(約900円)さすが空港・・・。この旅で一番食事が高かったのがこの空港での食事となりました。はぁぁー、何だかもったいないですね。

ワンタンスープ

ワンタンスープは桶のような器に入ってきました。5個入りで59元(約1,180円)はだいぶ高い!!スープは豚骨スープのような味で懐かしかったです(笑)けれどこれはだいぶ高いですね。

蟹入り小龍包

蟹入りの小龍包は45元(約900円)でした。これはおいしかったしお値段も許容範囲ですが、ワンタンスープはないなぁと今、これを書きながら改めて痛感しているところです。

飛行機

さて、14:50発のフライトで那覇に戻ります。航空会社は行きと同じく吉祥航空です。飛行機に向かったら席はガラガラでした。あれー?上海と那覇を行き来する人はあまりいないのでしょうかね。ところで席ですが、何故か非常口のところでした。Why?
非常時にお手伝いをする席だから、子供ではなく大人が座るのは分かります。ですが、何故日本人の私たち??イヤ、いいんですけれど、吉祥航空って中国の航空会社だからCAさんも含め乗務員はみなさん中国語の人です。搭乗者もほとんど中国人。中国語を解せない日本人が非常時に何を手伝えるのでしょうかね?
と、少し不思議でした。何この人選?
まぁ、非常事態がなかったから良かったけれどね。せっかくなので、初めて非常口の席に座っての事を少し・・・。まずこの席は足元に荷物は置けないから上の荷物入れに全て荷物を入れなくてはいけません。それと、靴を脱いでいるとCAさんに履くように注意されます(汗)それから寒いから自分のストールをひざ掛けに利用していたのですが、外すようにと注意されました。という事で・・・。

もぉ!!好きでここに座っているんじゃないんですけどぉ!!次回チェックイン時に絶対「ノー、エマージェンシーシート!」って言うからね!

というのが私の所感です。

まぁ快適だろう点は足元が広いというところでしょうかね?
色々制限があるから、「それでも足をのばしてゆったり座りたい!」という方が良いのかなと思いました。非常時なんて滅多にないだろうし。(←楽天的)

では非常口の話はこの辺りで終わりにして、本日の機内食♪

機内食

14:50発のフライトということで、食事ではなく軽食でした。うーん。非常口席で靴脱いだり、ストール膝にかけたりして注意された後でこれでは全然テンションがあがりませんね。みかん食べて烏龍茶飲んで窓の外を眺めてフライト時間を過ごしました(笑)いくつか持ち帰ったお菓子はいつの間にか相棒ちゃんが食べていました。


では恒例のお土産です。

お土産

今回は諸事情により、一部の人にしか上海行きを伝えていなかったので、いつもよりお土産の量は控えめです。自分たち用にもあまり買わなかったかなぁ。

豫園タンブラー

スタバ豫園タンブラー。

これは豫園の中にあったスタバで購入しました。「上海豫園店随行杯」120元!1元約20円で計算すると約2,400円なので少しお高めですね。海外のスタバ限定タンブラーって赤か茶色のシンプルなものだけかなぁと思っていたのですが、上海はその赤のもの以外に日本みたいに地方のタンブラーがいくつかあるみたいです。上海空港のスタバでは各地のタンブラーが販売されていました。豫園タンブラー、かわいいと思って買いましたが飲み口がちょーっと、いや、かなり洗いづらくて面倒です。分解するのが面倒で2〜3回しか使っていません。サイズが少し大きめということもあり、出番は夏かなぁと思います。

辣油

青島ビール

コンビニで見つけたラー油は11.5元(約230円)でした。具がザクザク入っていそうな感じです。まだ使っていないのですが、そろそろ使いたいなぁ。青島ビールはサイズ違いで1本ずつ。それぞれ5.5元(約110円)と8.5元(約170円)です。これもまだもったいなくて飲んでいません。

アメニティ

今回利用したルネッサンス上海豫園のアメニティは、今年の2月に行ったベトナムのルネッサンスリバーサイドと同じデザインでした。これ、香りが好きー♪

小籠包マグネット

「冷蔵庫を旅先で買ってきたマグネットで埋め尽くす」。今回仕入れてきたのは小籠包のマグネットです。かわいー。また一つ増えて嬉しいな。
この旅先でマグネットを買うのは昨年のイタリア、フランス旅行から始めました。なのでまだイタリア、フランス、ベトナムの3か国しかありません。実はイタリアの前に旅行した台湾のマグネットがないのです!Oh〜!何て事!!
という訳で上海旅行記もこれにて無事書き上げることができましたので、週末台湾にマグネットを買いに行ってきます。いやいや、マグネットがメインではありませんけどね(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ





前の記事

週末上海!吉祥航空で上海へ

上海2日目!まずは地元の食堂「豊裕」で朝ご飯

上海2日目 フランス租界の雰囲気残る通り散策


上海2日目 田子坊散策

上海2日目 夕食とライトアップスポット散策


JUGEMテーマ:中国

上海2日目 夕食とライトアップスポット散策
屋台

自転車の屋台??

地下鉄で大世界駅に移動しました。ここでは夕食で雲南南路美食街へ行く予定にしていたのですが、すぐに見つかるだろうとろくに下調べをしないで向かったのため、美食街を見つけられませんでした。そんなに空腹でもなかったので、ちょうど見つけた生煎(ションジエン)のお店に入りました。

吾煎道生煎館

吾煎道生煎館

お店は吾煎道生煎館です。表に写真入りの看板が出ていたのですが、そこにあった「エビ入り生煎(ションジエン)」に惹かれて即決しました。お店も明るくてキレイで旅行者でも気軽に入れそうな印象です。
お店に入ってすぐ、会計があるのでまずそこで注文をします。中国語の店員さんと、中国語が話せない旅行者のやり取りはメニューの指さしと身振り手振りです。メニューの表記は漢字だから何となくこれだろうというものを注文しました。

生煎と葱油拌麺

頼んだのは2品です。

エビ入り

表の写真入り看板で即決したエビ入りの生煎です。朝食で食べて感動した生煎の具材違いです。4個で16元(1元=約19元)なので、朝食べたものよりは少し高いですが、エビも入っているしね。熱々をかじったら口の中に肉汁が広がります。その肉汁にエビの出汁が含まれているからこれがもう絶品!おいしすぎて大興奮でした。外のカリっとした食感と、内側のふわふわ生地と肉汁とお肉のハーモニー。生煎(ションジエン)最高の食べ物です!
食べる時の注意としては、肉汁の量が意外とあるからか、かじった時に肉汁が飛び出すこともあるので、もったいないからこぼさないように頂きましょう♪

葱油拌麺

葱油拌麺

もうひとつ頼んだのは、葱油拌麺(ツォンヨウバンミエン)です。これは汁なし麺が食べたくて注文してみました。スープ付きで13元でした。

まぜまぜ

完成

麺と葱油とタレをよーく混ぜ合わせて頂きます。タレの色が濃いからか、味が濃いめなのかなぁと思って食べてみると意外と濃くなくて普通です。葱油入りだけれどくどくなくて食べやすかったです。それでも日本ではなかなか油入りの麺って食べる機会ないから、食べにくかったら温かいお茶と一緒に食べて口の中の脂を落としながら食べるのが良いかも知れません。私は全然大丈夫でしたが、相棒ちゃんが「お茶欲しー」と言っていました。


私の備忘録→住所入力すると違う場所が表示されるから、何となくこの辺り・・・。
住所:上海市黄浦区淮海東路58号(云南南路付近)

食後は歩いてホテルへと向かいました。地図によると歩いたら30分くらいでしたので、タクシー乗っても良かったのですが、田子坊で20,000歩超えていたから、この日どのくらい歩けるのだろうと勝手に挑戦してみました(笑)
ホテルのある豫園に着いたところ、時間はまだ少し早目でしたので、最終日の観光地と決めていた豫園の下調べに向かいました。最終日は午後に空港に向かわなくてはいけないので、効率よく観光できるように、行きたい場所の確認です。

ライトアップ豫園

豫園に着いたら、建物がライトアップされていてすごくキレイ!!わぁぁー、素敵。下見のはずがすっかり夜の豫園観光となりました。来て良かったねーと大興奮でした。

看板

最終日の朝食にと決めていたのは、ガイドブックにも紹介されている南翔饅頭店です。こちらのお店、日本にも支店がいくつもあるのですが、日本のお店は行ったことないし、せっかくだから上海で食べたいし!なので絶対に行きたい場所なのです。この看板を見つけて「よし、場所の確認だ!」と向かいました。

南翔饅頭店

南翔饅頭店は1階から3階までと3フロアお店があります。1階はテイクアウトのみです。19時半くらいに着きましたけれどテイクアウトはまだ並んでいましたよー。やっぱり大人気ですね。明日は早く行けば食べられるかな?こんなに並んでいたらますます食べたくなります。

湖心亭

湖にあるお茶屋さん「湖心亭」です。こちらのライトアップもとてもキレイでした。この時間からお茶飲むのもなぁと思って行かなかったけれど昼間は混んでいるでしょうね。
近くにスタバがあったので寄ってみたら豫園限定のタンブラーが売られていました。「上海豫園店随行杯」120元!1元約20円で計算すると約2,400円。ちょーっとお高いですが、旅の記念に買いました。



夜の豫園が予想外に素敵だったので、外灘(ワイタン)も絶対にキレイだよね、と外灘へ向かいました。豫園から歩いてだいたい15分くらいでしょうか。もうこの日の歩数は今までの旅行の中で一番歩いた最高歩数となるだろうなぁとワクワクしました(笑)

外灘へ

ライトアップしている外灘が見えてきました。もうキレイすぎてびっくりしました。昼間の雰囲気とは全然違っていて幻想的で素敵でした。まるごとテーマパークという感じです。

撮影中

撮影中

お花と外灘と

新婚さんかな?撮影をしていました。こういうの、やっぱり女性が主役ですね。女性の撮影時間がとても長くて彼の方はずっと待ちぼうけでした。どんな風に仕上がるのか楽しみですねぇ。

外灘

外灘

ここは上海なのに、洋館が立ち並ぶ風景はまるでヨーロッパのようです。ずーっと眺めていたいなぁって思いました。カクテル飲みながらとか最高!

にぎやか浦東

外灘の対岸の浦東(プウドン)は、近代的でネオンが賑やかな雰囲気です。昼間の景色もそうでしたが、外灘と浦東の景色の対比ってとても面白いと思います。クラシカルで重厚な外灘と近代的で人々のパワーを感じる浦東、川のこちらと向こうでこんなに違う雰囲気なのって不思議です。



帰りにファミリーマートに寄って水とビールを買ってからホテルに戻りました。歩数を見てみたら33,000歩越え!!これは多分自己ベストです。よく歩いたなぁ〜とびっくりしました。というわけでこの日はぐったり就寝。・・・の前に上海で過ごす最後の夜、ホテルのバーに行きました。

最上階バー

今回利用したルネッサンス上海豫園は、バーが最上階にあり、夜風を感じながら上海の夜景を眺めることができます。こんな素敵なロケーションでお酒を飲む機会ってなかなかないだろうからと一杯だけ飲むことにしました。

ビールと夜景

最上階から夜景を見ながらビールが飲めるなんてなかなかできません。すごく気持ち良かったです。先程見てきた浦東のネオンがここからも良く見えました。

ロフトのようなスペース

屋上にはさらに高いロフトのようなスペースがありました。私たちが着いた時に利用していた人が部屋に戻ったようでしたので、せっかくだからと利用させて頂きました。

ゼイタクスペース

何でしょう、このゼイタクスペースは!!
夜風にあたりながらグラスを傾けながら談笑する優雅な社長とそのファミリーの姿を思い浮かべました。ワインや食事をここで頂きながら上海の街を眺めるなんて、社長にしかできませんよ!私たちはビール一杯をここで楽しませて頂きました。これも旅行ならではですね。沖縄では絶対にやらないです。

夜景

街

最上階から上海の夜景を楽しむことができて、すごくゼイタクな時間でした。朝から上海を歩き回って色々見られて、最後は夜景を眺めて締めくくる。とても充実した1日となりました。最終日も朝から上海を楽しみます!






にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ





前の記事

週末上海!吉祥航空で上海へ

上海2日目!まずは地元の食堂「豊裕」で朝ご飯

上海2日目 フランス租界の雰囲気残る通り散策


上海2日目 田子坊散策


JUGEMテーマ:中国

上海2日目 田子坊散策
いくつかの通りを散策(→)した後に田子坊(デンシボウ)に着きました。古い集合住宅を改装してお店にしているエリアで人気のスポットとの事です。路地がいっぱいで迷路のようらしく、田子坊エリアへの出入り口はあちこちにあります。自分が入った場所はしっかりチェックしましょう。

田子坊案内板

5出入り口

こちらは5出入口ね。

路地

路地にはお店がいっぱい。そして観光客でしょうか。人が大勢で賑わっています。狭い路地があちこちにあって面白いです。人でギュギュウの場所もあるので、手荷物の管理はしっかりしましょうねー。

お茶休憩

そういえばここまで来るまでに歩き回ったので、歩数がすでに20,000歩越え!!よく歩きました。沖縄だと本当に歩かないから1日10,000歩も難しいくらい。そんな訳でちょっとお茶休憩しました。

お茶とカフェラテ

私はお茶、相棒ちゃんは何故か普段ブラックコーヒー派なのにカフェラテ・・・。歩き疲れて甘いものが欲しかったのかなぁ?と思いましたが砂糖なしらしい。外国でちょっとめずらしいもの頼んでしまったものの、やっぱり定番のブラックがいいという感想でした。

では、ここからは田子坊散策を写真中心に報告していきます。

紅茶屋さん

ウサギがかわいい紅茶屋さん

傘

見上げるとカラフルな傘がたくさん

かんざし

かんざし

キラキラかんざし

紅茶屋さん2

ウサギの紅茶屋さん2店目


田子坊は迷路のような路地にお店が色々あって面白いのですが、「さっきのお店」に戻るには観光客にはちょっと難易度が高いかも知れません。ですが、一つのお店の支店がある場合もあるので、そういうお店を利用する場合は安心ですね。こちらのウサギがかわいいお茶屋さんや、tea house茶房というお店は支店が少なくとも2つ確認できました。

タイ料理屋さん

エスニック料理屋さんの前にはオリエンタルな看板娘が

リンゴ飴

りんご飴かな?

出入り口

散策していたら別の出入り口に到着

1出入り口

クラシカル入り口

こちらの出入口はクラシカルな雰囲気

アドベンチャータイム

ジェイク


田子坊の中にカートゥンネットワークのアニメ、アドベンチャータイムのショップがありました。このアニメ、私は台湾に旅行した時に初めて見ました。そして今回上海でお店を見つけたので、アジアで人気のアニメなのかなぁと勝手に思っています。犬のキャラクター、ジェイクが何だかアニメそのままで面白かったです。

看板

看板

看板

看板

お茶看板

看板色々で面白い

整列

お店のディスプレイ。カラフル!

ライトアップ

日が暮れてきて、田子坊のお店のライトがつくと昼間とはまた違った雰囲気で面白いです。テラス席がある飲食店ではビールを飲んでいるお客さんが増えてきました。明るい時間と比べたら観光客が少なくなって歩きやすくなったような気がします。ここでビール飲みたいけれど、まだ行きたい場所があるので田子坊散策はこれで終わりにしました。






にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ





前の記事

週末上海!吉祥航空で上海へ

上海2日目!まずは地元の食堂「豊裕」で朝ご飯

上海2日目 フランス租界の雰囲気残る通り散策


JUGEMテーマ:中国


上海2日目 フランス租界の雰囲気残る通り散策
南京東路駅から地下鉄十号線で陜西南路駅へ移動しました。駅に併設されたオシャレなショッピングビル、iapmの中にシティースーパーがありましたので寄ってみたらあまりにも素敵すぎてビックリ。庶民な私は例えようがありませんが、ヒルズ族(古・・・)とか言われているセレブの人たちが買い物をするような場所なのかなぁ?と思いました。お魚コーナーにあったお刺身が日本で売られているものみたいに新鮮でキレイでおいしそう!でもお値段がものすごく高くてサーモンのお刺身4切れ程度のパックで約1,200円とか(汗)一切れ約300円?!いや、無理だよ私には買えない・・・。

陜西南路駅

中国の調味料でも買おうかなって思っていましたが、何だか高そうだから庶民的なスーパーに行って買う事にしてビルを出ました。わぁ!こんなに高いビルだったんだぁー。商業施設以外はオフィスなのかな。そうそう、このiapmには一風堂や無印良品もありました。



准海中路

陜西南路駅からはフランス租界の面影が残る通りを見て回ることにしていましたので、地図を片手にその通りを目指しました。街路樹がずーっと続いていて緑がとても美しい。この日はお天気に恵まれたので気候は秋なのでしょうけれど長袖一枚でも日なたは暑かったため、街路樹で作られる日陰が有難かったです。木漏れ日がキレイだし、日傘なくても大丈夫だったし、街路樹最高!(笑)

建物

レトロな外観

ヨーロッパを思わせる建物が続いていました。ここが中国だという事を忘れてしまいそうですが、道路標識やお店の看板に漢字表記があるのを見ると、あぁ、そうだ、上海だったと我に返ってみたり。

安福路

ことりっぷで紹介されていた「安福路」

安福路

ここも街路樹が素敵

ライト

通り自体はそんなに長くないので、さーっと歩いてすぐ戻ってきました。おしゃれで素敵なレストランがいくつかあり、バーのようなお店はお昼から外国のお客さんが大勢いてビールやワインを飲んでいました。おいしそう!お昼の時間でしたが、どこで何を食べるかを決めていなかったので、さて、どうしよう?

青島ビール

ちょうど目に入った小龍包が食べられそうなレストランを見つけたので、そこに入ってみました。お店の外観を写すのを忘れてしまったためお店が分からず・・・。まずは喉を潤すために青島ビールを注文したら大瓶で登場。ひゃっほう♪12元でした。約240円です。

海鮮麺

全て中国語表記のメニューから、何となく「これだろう」と思われるものを注文していきました。海鮮の焼きそばだろうと思って注文したので、思っていたものが出てきたので一安心(笑)貝の出汁がおいしいやさしい味の麺でした。32元(約640円)でした。

小籠包

小籠包

小籠包♪20元(約400円)

蟹小龍包

蟹小龍包は少し高級で38元(約760円)

本場上海で初めて食べた小龍包です。定番のものと蟹が入ったものを2種類注文しました。スープたっぷりで熱々。とてもおいしかったです。ふらりと入ったお店の小龍包が普通においしい。嬉しいなぁ。蟹入りの小龍包は蟹の味と香りがぎゅっと閉じ込められていて、好きな人にはたまらないと思います!私はエビやカニが大好きだからこれはとても気に入りました。

食後は再び散策開始です。この近くにあるオーガニックストアで中国の調味料をお土産として購入予定でしたので、そちらに向かいました。

illy

おしゃれilly。写真撮影していました。モデルさん??

植物

ポスト?

おしゃれレストラン

オープンテラスのおしゃれなレストランでは明るいうちからワインを飲んでいる人たちも・・・。この雰囲気、ヨーロッパのようです。

GREEN&SAFE

こちらがオーガニック食材を扱うお店、GREEN&SAFEです。さっそくお店に入ってみると右手がイートインスペースで左手に食材を販売しているスペースがありました。オーガニック野菜や乾物、パスタやワインと色々と並んでいましたが、お目当てにしていた中国の調味料が見つけられませんでした。事前に調べたサイトでは中国の調味料があるとの事でしたが、日本のものは見つけられましたが、中国の調味料は・・・?ラー油やオイスターソースなどなど買えるかなと思っていただけに残念でした。上海に住んでいるならここで買い物したら良いだろうなぁと思いました。けれどちょっと高級そうですね。



再び散策です。ことりっぷに掲載されていたもうひとつの通りへと向かいました。

おしゃれレストラン

おしゃれレストラン

おしゃれ火鍋屋さん

火鍋屋さんの看板かな?

永康路

永康路に到着。

工事中

足場

こちらがことりっぷに紹介されていた永康路です。残念ながら工事中で足場が組まれていましたが・・・。雰囲気があって良かったです。足場の下を少し歩いてみたら、上から色々落ちてきたので早々に退散しました。

住宅

永康路の住宅、オシャレでした

永康路もそんなに長い通りではなかったので、これにてことりっぷに掲載されていた通りの散策は終わりました。次の目的地は田子坊(デンシボウ)というエリアです。このエリアは古い集合住宅を改装してお店にしていて、人気のスポットなのだそうです。迷路のように複雑な作りらしいから観光客は行きたい場所を事前にチェックしていく方がいいみたいです。私たちは特に決まったお店に行きたいというわけではなく、雰囲気を味わいたいだけだったので、田子坊という場所だけを確認して向かいました。

アパート?

永康路から田子坊へと向かう途中、突然現れた集合住宅!ものすごいレトロ。で、1階がオープンテラスの飲み屋さんが並んでいる様子です。

飲み屋街?

オープンテラス飲み屋街

まだまだ明るいうちからみんな楽しそうに飲んでいるー!!面白い。夜はもっと賑やかになるのでしょうか。上で生活している人たちは毎晩うるさくて大変なのでは・・・?とちょっと心配になりました。

お茶屋さん

途中、ことりっぷに掲載されていたお茶屋さんを見つけました。宋芳茶館というお店で、水色の缶に茶葉が入れられて販売されているそうです。この水色の缶がレトロでかわいいなぁと思っていたのですが、けっこう高級なので、お茶は台湾で買おうと思いました(笑)




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ




前の記事

週末上海!吉祥航空で上海へ

上海2日目!まずは地元の食堂「豊裕」で朝ご飯

JUGEMテーマ:中国


上海2日目!まずは地元の食堂「豊裕」で朝ご飯
ホテルの窓から

ホテルの窓から

上海2日目。快晴です。絶好の観光日和となりました。ホテルは食事なしのプランで予約をしましたので、朝食は地元の食堂で頂きます。ことりっぷの地図(私)とGoogle Map(相棒ちゃん)片手にさっそくおでかけです。

ホテル

今回お世話になりましたホテル。素敵ホテルでした♪

標識

この日の予定は外灘(ワイタン)散策、田子坊(デンシボウ)散策です。まずは外灘に向かいました。事前にことりっぷで朝食を頂くお店をチェックしていて、「五芳斎(ウーファンヂャイ)」へ伺う予定にしておりましたが、地図の場所に行ってもお店を見つけることができませんでした。地図の場所と思われる所には別のお店があって、まぁいいか♪と、その別のお店に入りました。

豊裕

お店は「豊裕(フォンユー)」です。外灘からすぐ近くの地元の人が通っているだろう雰囲気のローカル食堂!これはー、英語通じませんですね。店内もけっこう混んでいたので空いたスペースを素早く確保しました。奥にあるカウンターで注文し、支払いを済ませてから右手にある調理スペースにいる人にレシートを渡すようです。カウンターには中国語表記のメニューしかなくて、さて、これはどう注文しようかと悩みました。こちらは中国語が話せませんがレジのおばちゃんは中国語しか通じなさそう。ふと、調理スペースの上の壁を見ると写真入りでメニューの表記があるのが目に入ったので、その食べ物の写真をスマホで撮影し、レジのおばちゃんに見せて注文をしました。

生煎

地元食堂で初めて注文したのは上海名物の生煎(ションジエン)です。生煎は小籠包を蒸し焼きにしたものです。4個で4元(1元=約19円)で、これは2人分です。これで約160円は安い〜!

焼き色

焼き目がきれいなきつね色!小龍包を蒸し焼きにしているとあって、表面がカリッとしていて中が肉汁でジューシー。噛むと肉汁がじゅわっと飛び出してきます。熱々でとてもおいしいです。箸が止まりません。あっという間に食べてしまいました。もう少し食べたいなぁと思って周りを見てみると、みなさんどんぶりのものを食べています。お隣に座っていたおじさんもどんぶりを食べていました。スープにワンタンみたいなのが入っていました。さっぱりしていておいしそう。だけどどうやって頼もうかな?と思い、再び壁の写真を見てみると何となくそれっぽいのがあったので、再びスマホで撮影してレジのおばちゃんに注文をしました。
相棒ちゃんがカウンターでどんぶりを待っている間、私は席に座ったまま店内を眺めていると隣のおじさんがとんぶりにまだ残っているのにどんぶりをカウンターに持って行って店員さんに何か話しかけていました。何だろうと思って見ていたらスープのお代わりのようで、スープを足してもらっていました。へー、スープもらえるんだと眺めていたらそのおじさんと目が合ってしまいました。

「日本からキマシタカ?」と話しかけられて、「ハイ。」と答えたら、おじさん、「大学で日本語勉強してマシタ」って。スゴイ!
そこにどんぶりを持った相棒ちゃんが戻ってくると、おじさんは英語で相棒ちゃんと話し始めました。おぉぉっ、英語も話せるの?!すごいな、おじさん。

おじさんによるとこちらのお店は地元の人に人気だし、歴史あるお店だよとの事でした。相棒ちゃんがお店の人気メニューは何?と聞いたところ、最初に食べた生煎と頼んだどんぶり、鲜肉小馄饨(ワンタン)でした。お店の人気メニューを無事食べることができて良かったです。

ワンタン

ワンタンはプリプリしていて、あっさり目のスープとおいしく頂きました。ワンタンたっぷり入っていました。これは朝ご飯にいいですね。こちらは5元でした。

店内

おじさんには上海市内は1日もあれば観光できるから、ぜひ杭州に行ってみてねと言われました。杭州は今回の旅行では時間取れなくて行けませんが、この旅が楽しかったら次は杭州行きたいと思っていたので、ぜひ行かなくてはと思いました。

お持ち帰り

生煎はお持ち帰りもできるようですよ。テイクアウトして食べ歩きも楽しそうですね。店内が混んでいて入れなかったらテイクアウトを利用してみるのもいいかな。



さて、朝食を無事済ませることができたので、観光です。このお店のすぐそばに外灘(ワイタン)があります。外灘エリアはヨーロッパのような建物が並ぶところでぜひ見てみたいと思っていた場所でした。

外灘

外灘

わー!!素敵!
クラシカルな洋館が並んでいて、ここがアジアだという事を忘れてしまいそう。すごく雰囲気が良くてヨーロッパにいるような気分です。電線がないからより美しく見える!赤の中国国旗がはためいているのが印象的。

浦東

近代的

クラシカルな雰囲気の外灘の対岸は、近代的な建物が立ち並ぶ浦東(プウドン)エリアです。この対比がすごく面白いなぁと思いました。私は上海を訪れるのはこれが初めてだったのですが、相棒ちゃんは2回目。「ひぇぇ、10年前に来た時は浦東、こんなに建物なかったと思うけどなぁー」って言ってました。ずいぶん変わったようですね。

銅像

銅像もありました。

外灘

外灘と浦東の景色を楽しんだので、南京東路へ向かう事にしました。この辺りは人がいっぱいで賑わっていました。こちらは歩行者天国があるとの事だったので、少し歩いてみてから地下鉄で移動することにしました。
途中、大丸のそばで男女2人組に写真撮影を依頼されました。こんなところでシャッター?何を背景に写すわけ?と不思議でしたが大丸を背景に写しました。日系のデパートが珍しいのでしょうかね?お礼にお2人も写してあげましょうか?という雰囲気だったので、カメラを渡して写してもらいました。背景は100年くらい続く商店とか説明されました。カメラを返してもらうと日本語で何だか色々話し始めました。自分たちは上海に遊びに来たとか、日本語勉強中とか、何だか色々・・・。日本のどこから来ましたか?と聞かれたから沖縄と伝えたら分からないって。まぁそうなのかな?地図で書いて教えてと言われ、紙とペンを渡されたからざっくり書いたら分かった模様でした。えらい長々と話すなぁ、早く観光続けたいんだけどなぁと思っていたところ、「近くに老舗のお茶屋さんがあるから一緒に行こうよ。日本の事もっと教えて欲しいし」と言い出しました。はぁ?君たちは日本の事を知りたいかもしれないけれど、私たちは観光で上海に来ているんだから観光を続けたいんですけど・・・。
私はこの「○○へ一緒に行こうよ」というのが苦手なんです。これは絶対何か買わされるだろうなぁーと思い、相棒ちゃんに「英語で急いでるからもう行くよ、サヨウナラって言って」とお願いして、早々に引きあげました。
帰国してからネットで調べて分かったことなのですが、上海ではこんな風に日本人に話しかけてきてお茶屋さんや画廊へ連れて行き、高額なものを買わせるという詐欺まがいなことが横行しているそうです。なので、上海に旅行する時は充分気をつけてくださいね。(参考→
もちろん、話しかけてきた人が全て詐欺グループという訳ではないでしょうけれど、見知らぬ土地ですからね、警戒はした方が良いと思います。

お茶

2人組をあしらった後でぐったりしたのでスタバで休憩しました。グリーンティーは20元、コーヒーはトールサイズで22元でした。

スタバ

スタバの店内のインテリア。何となくですがオリエンタルと言うか中国の雰囲気がします。あ、そうそう、スタバに限らずですが、上海にあるファストフードのお店は店内で飲食する場合、飲食を終えた後にテーブルにそのまま置いておいていいようです。スタッフさんが片づけてくれます。楽ちんで良いですねー。

南京路歩行街

ようやく(?!)南京東路の歩行者天国に到着しました。観光客で賑わっていました。右手にはアップルストアがありました。

アップルストア

アップルストアは週末だからなのか、ものすごく混んでいました。お客さんがいっぱい!!上海でもiPhoneは人気があるのですね。一通り眺めてからお店を出ました。さて、地下鉄に乗って次の場所へ移動します。


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ




前の記事

週末上海!吉祥航空で上海へ



JUGEMテーマ:中国


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.