ワタシの旅じかん

Go around the world!!

月イチでどこかへ旅行したいと思っている沖縄在住のOLブログ。那覇から行けるアジア圏や、国内旅行が多め。
旅行記以外は沖縄食べ歩き、おうちごはんなど、食べ物の話題を中心に、いろいろ更新しています。

★2017年2月の長崎旅行記を更新しました★

★2017年1月のマカオ旅行記更新しました★

*ブログは週末に更新してます*

*画像は縮小とサイト名挿入以外の加工は一切致しておりません♪*
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
etc・・・
travel for a change

楽天トラベル株式会社

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

JAL日本航空 先得

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

A registration site


にほんブログ村


にほんブログ村

人気ブログランキングへ



写真素材 PIXTA

ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
My favorite shop


お買い物♪


かわいいカメラグッズのお店


ニコンのお店♪

My favorite travel items



スキミング防止に。


ミッフィーちゃんのモバイルバッテリー




旅行はぺたんこ靴が楽ちん♩

チェック中…。





欲しいけれど入荷がだいぶ先・・・


折りたためるハットは
イタリア行った時から
欲しかった!!


もうひとつ欲しいモバイルバッテリー

レンズ交換不要になるのかなぁ??
旅行で使いたい高倍率ズームレンズ
MOBILE
qrcode
PR
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
オランダの街並みが再現されたハウステンボス!園内は近未来ロボから癒しまで何でもアリだった!
風車とチューリップ

この日宿泊するホテルにチェックイン後、さっそくハウステンボスへ行きました。園内のチケットはいくつか種類がありまして、と言うか、けっこうな種類がありますよね(汗)そして結構お値段もします。
大まかには、園内のアトラクションも利用できる「1dayパスポート」、園内への入場のみの「散策チケット」、夕方から入場できるパスポート、オフィシャルホテル宿泊者のみ購入できるオフィシャルホテルパスポートがあります。
散策チケット以外は園内のアトラクションが利用できますが、利用できるアトラクションは50ほどで、アトラクションによっては別途料金が必要だったりします。
ハウステンボスにどのくらい滞在して、どう遊ぶかによって、購入するチケットを選びたいですね。

私たちはオフィシャルホテルに宿泊だったことと、チェックイン当日の15時以降から翌日のお昼過ぎまでハウステンボスに滞在予定だったことから、「オフィシャルホテル1.5DAYパスポート」(大人ひとり9,000円)を購入しました。

風車とチューリップ

大寒波が日本列島にやってきた2月、この日の午前中は雪が舞い散る長崎だったけれど、こんなにチューリップが咲いているなんて!と感激しちゃいました。
風車とチューリップというこの風景が、行ったことも見たこともないオランダの風景なのかなぁって、勝手に想像しています。

チューリップ

チューリップ

赤チューリップ

南国、沖縄ではなかなか見る機会のないチューリップです。赤、ピンク、黄色、白・・・。色とりどりのチューリップにしばし癒されました。チューリップのこの形もかわいくて大好きです。

風車

水のそばにある風車、これもまた、行ったことのないオランダの景色ってこうなんだろうなぁと想像し、オランダにいるような気分にさせてくれます。

仮面舞踏会

私たちが行った当時、ハウステンボスでは仮面舞踏会が開催されていました。この仮面舞踏会、オフィシャルホテル宿泊者には招待状が届いているという素敵なイベントで、招待状を持って仮面舞踏会のスペースに行くと参加できるというものでした。変なホテルもオフィシャルホテルなので、てっきりこの招待状が届いていると思っていたのに、変なホテルは対象外だということを、この時に知るというね。あぁ、残念。
でもね、仮面舞踏会会場は外だったし、大寒波襲来の時だったから、とにかく寒かったので、参加できなくても、まぁそれはそれでいいか、寒いしねと諦めがつきました。

色々なお城

園内を歩いていて見つけたお菓子の城の建物。お菓子の城以外に、チーズの城、ワインの城、九州の城とグルメな城が集まっています。お土産選ぶには良さそうですね。ハウステンボスに入場して間もないですが、チェックしてみようと寄ってみました。

ワインのお城

やっぱりワインだよねぇ〜♪試飲できるかなと寄ってみました。ここで買って持ち帰ると荷物になるから見るだけにしようと思っていたのが顔に出たのか?!
買わないならば試飲させないぞ〜とばかりに、全然試飲させてもらえませんでした(笑)
デパ地下のワインコーナーか?と思わせるくらいに、様々なワインが販売されていました。
店内ではカウンターテーブルがあって、ここで注文したワインを飲むことができるようでした。飲んだら体が温まるかな?と思いつつ、アルコール摂取は化粧室に行くのも増えるし面倒だと思って止めました。寒いと何かしら制限があるなぁって、勝手に自分で制限しているだけですけど。

チーズのお城

チーズのお城へ行ってみたら、行列ができていました。おぉ?!なんだコレ?
とりあえず並んでみたら、どうやらこれから大試食会が開催される模様です。わーい♪チーズのお城の試食会なんて楽しそう!ワインの城でワイン買えばよかったねぇなんて勝手なことを言いながら、試食の順番を待ちました。
試食はチーズを3種類ほど、それからパンチェッタやチーズのお菓子などを頂きました。きゃー、どれもおいしいー!と試食を満喫しました。

ロボット

ハウステンボス園内は、基本、オランダの街並みが再現されているのだろうなぁという雰囲気で、レンガの建物や石畳の道のそばに流れる川といったオランダってこうなんだろうなぁという街並みが続くのですが、そんな中でアトラクションが色々集まるエリアがあります。アトラクションタウンやスリラーシティはオランダとは関連のなさそうなアトラクションが集まっているので、こんな感じで急にロボットが展示されていたりします。
昔のハウステンボスは園内がオランダの風景で統一されていたと記憶していますが、経営がHISに代わってからは、園内には「楽しいものが何でもアリ」という感じなのかな?と感じました。個人的には興味深いアトラクションやアクティビティが実に様々あるので面白くて良いかなと思います。ハウステンボスは、ディズニーの世界観満載のTDRや、映画の世界の再現USJと肩を並べたいのならば、もうオランダ押し!ではなかなか集客が難しいでしょうから、「TDRとUSJがやっていないこと全て」を取り入れるしかなさそう。というのが私の勝手な感想です。
でもスリラータウンは絶対無理!!肝試しとか度胸試しとか、10代なら楽しめたでしょうけれどねぇ。今、そんなアトラクションに参加したら、多分私の寿命は尽きると思います。

ショコラ伯爵の館

そんな訳でここで人生を全うする訳にはいかないので、ショコラ伯爵の館というアトラクションに行きました。こちらでは、カカオで財を成した伯爵の館を見学することができます。入場はパスポートでOKですが、館内のアトラクションを楽しむためには、「カカオチケット」の購入が必要です。体験してみたいアトラクションがあったので、カカオチケットを購入しました。料金は5枚で500円、11枚で1,000円でした。

蛇口からチョコレートドリンク

体験してみたかったアトラクションその1、「蛇口からチョコレート。」
私は甘いものにはあまり興味がありませんが、この「蛇口から○○」というのが何とも魅惑的で惹かれます。余談ですが沖縄では「蛇口から泡盛」という居酒屋があります。
チョコレートドリンクは、温かいものと冷たいものが選べます。この日は寒かったので温かいチョコレートドリンクにしました。

チョコレートドリンク

温かいチョコレートドリンクとは?ホットココアのようなお味でした。甘くて体が温まります。疲れている時に飲むと甘い香りで癒されますね。

試食

体験してみたかったアトラクションその2、「チョコレート食べ比べ。」
世界のショコラティエが愛食しているチョコレートの食べ比べです。ホワイトチョコは3種類の食べ比べで、カカオのチョコレートは、それぞれカカオの量が異なるチョコレートの食べ比べでした。カカオ量が少ないものから食べ進めていきます。最初は甘いけれど、カカオの量が増えるにつれて、甘みは少なくなり、最後カカオ100%のものは、もはやスイーツではなく薬といった固形物でした。口どけも悪いし。こんな風に食べ比べてみると面白いですね。
ホワイトチョコの方はどれも甘くて、とてもおいしかったです。

体験してみたかったアトラクションその3、「コスプレ。」(笑)

チョコレートドレス

すみません。(汗)
これはチョコレートをデザインしたドレスが着られるというコーナーです。
ドレスは2種類あって、もう一つはハートのチョコレートモチーフがふんだんに飾られた可愛らしいものでした。担当のお姉さんに手伝ってもらいながらドレスを着用します。手持ちのカメラで3枚まで撮影可能とのことでした。
アトラクションなので、お化粧やヘアスタイルはそのまま。寒かったからニット帽をかぶっていたので、髪の毛ぺたんこでしたが、もちろん直す余地もなくそのままです。せめてウィッグや貴族が被るようなハットが用意されていたらなぁと思いました。

チョコ詰め合わせ

館の出口近くにあった、撮影スポット。おいしそうなチョコレートと一緒に記念撮影ができます。

アトラクション施設を出ると、すぐにチョコレートが販売されています。アトラクションでチョコレートに関わってきたから、やっぱり欲しくなります。ここでチョコレートを3種類ほど購入して、ホテルのお部屋の冷蔵庫に入れておいたのですが、忘れて帰ってきてしまいました!
慌ててホテルに連絡したのですが・・・。それについてはこちらに追記したので、興味ありましたらご覧ください。

ミッフィーちゃんショップ

ミッフィーちゃん看板

アムステルダムシティは、名前の通り、オランダの街、アムステルダムの街並みをイメージしただろうエリアです。こちらには、買い物ができるお店が並びます。その中で私が絶対に立ち寄りたいお店がこちらのディックブルーナショップ、ナインチェです。ナインチェとはオランダ語で「小さなうさぎの子」という意味らしくて、日本だと「うさこちゃん」の愛称で知られているミッフィーちゃんのことです。そのミッフィーちゃんの専門店がこちらなのです。ミッフィーちゃん大好きな私がここに来たかったのは、グッズを買うのはもちろんですが、それ以上のお楽しみがありました!

ミッフィーちゃん

それはミッフィーちゃんのグリーティング!!
きゃぁぁー!可愛すぎます!!ミッフィー!!ハウステンボス限定衣装の青いワンピースに、木靴を履いています。

ミッフィーちゃん

カメラに向かって、こんな風にポーズも取ってくれるし、一緒に写ってもくれます。シャッターを押してくれるお姉さんが、「はい、ミッフィー!」と言ってシャッターを押してくれるのが嬉しい。
ミッフィーのグリーティングは、子供が多いかな?と思っていましたが、大人のファンの方が多かったような気がします。昔から愛されているキャラクターですからねぇ。ミッフィーちゃんと撮影ができて大満足でした。

オランダ民芸品

アムステルダムエリアには、オランダの民芸品を扱うお店もあります。大小様々な木靴は色や柄が何種類かあり、かわいいから欲しくなります。こちらにはオランダのお菓子も色々売っているから、お土産選びにいいかも。
学生の時にハウステンボスに来たことがあるのですが、その時はここで木靴の絵付け体験をしました。その木靴は今も持っています。あぁ、懐かしい。

木靴

お店の前には色や柄が異なる木靴が置かれていました。ミッフィーが描かれた木靴もありました。かわいい。欲しい!→先ほどのナインチェでミッフィーが描かれた木靴のキーホルダーが売られていたので買いました♪

ミッフィーのグリーティングで興奮したので、気持ちを落ち着かせるために、健康の館という場所へ行ってみました。ハウステンボス内、本当に何でもあるなぁ(笑)
館の2階に、光と水素カフェというのがあって、パスポート特典で水素水が1杯頂けるということだったので、寄ってみました。

水素水

薄暗いカフェの中で水素水を頂きます。味は普通のお水です。水素がたくさん含まれているのでしょうねぇ。飲んでみたけれど、よく分からず。きっと水素を摂取して体は癒されたことでしょう。
カフェを出て1階に下りてみると、健康クリニックがありました。こちらではパスポートで血圧や血管、骨健康度測定、ストレスチェックができるそうです。遊びに来ているテーマパークで体のセルフチェックって(笑)無料だったらいいかと、測定してみることにしました。

健康の館

待っている間にアロマオイルが並んでいるコーナーがあったので、香りをチェックして楽しんでいました。オレンジやグレープフルーツの香りが気に入ったので、自宅に戻ってから後日、大容量のを無印で購入しました。

測定結果

血圧や血管、骨健康度は、これと言って面白い結果が出なくてブログネタとしては残念でしたが、まぁ年齢相応で良かったのかな。問題は遊びに来ているというのにストレス度が高いということです!!
何故だー?!身体的ストレスと疲労度が高いって何だ?そんなに体力がないのか私?
この結果を見た係のお兄さん、
「あれ?ずいぶんお疲れですねぇ。でも、子供がそうなんですけれど、はしゃいでしまって、遊び疲れていると、こういう結果になるんですよ。楽しんでいるみたいですね!」
と。

・・・。

確かに、少し前にミッフィーちゃんのグリーティングで大興奮でしたからねぇ。
この結果は間違いなさそうです。

相棒ちゃん「精神的ストレスがめっちゃ低い!!健全なストレスだな」

私は、現在の職場で病んでしまう事はなさそうです。良かった、良かった。




にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
クリックありがとうございます!


インスタ用
↑インスタでは趣味全開の写真をアップしています。遊びに来てね♪



 


宿泊するには全然「変」ではなくて快適ですよ!



 


路面電車の駅近くで観光に便利だったし、スタッフの対応も素敵でした。



 




うちはるるぶと2冊持ち。




お揃いストラップ付けてカメラは斜め掛けしてスタンバイ!




レンズキャップにチェーン付いているから、キャップの着脱が楽ちん♪




三脚ケース付き♪耐荷重にゆとりがないけれど、旅行だったからこのくらいコンパクトなものが良いなぁ。





 


ようやくソフトコンタクトレンズデビューしました(笑)普段は今まで通りハードレンズ使っていますが、旅行中は使い捨てが便利ですね。



JUGEMテーマ:旅行



スポンサーサイト
- | 18:22 | - | - | - |
コメント
from: つちくれ   2017/04/20 12:11 AM
チーズの城にワインの城!そりゃまたテンション上がりそうです。
また食べ物に反応してしまいました^^;
そうでした今は経営者変わったんでしたね。
私はもう随分とハウステンボスご無沙汰であります。
オランダの町並みやなんかを忠実に再現!ということで、その昔社員を連れて慰安旅行がてら見物にいったのを思い出します。たしか運河の護岸やなんかもコンクリートではなく手間のかかる石積みで、凄いことするな〜と建設屋のはしくれだった当時、感心したのを覚えております。
今度は、かみさんと花や町並みの写真撮りに行ってみたいものです^^
from: はるこ   2017/04/20 8:13 AM
こんにちは。
ハウステンボス楽しそうですね!!
仮面舞踏会とか素敵!
名前は聞くけども、何があるんだろう?と思っていたので、
ブログ見ているとすごく楽しそうで良いな〜と思います♪
コスプレも可愛いですね!
私も着てみたいですw
from: セレンディピティ   2017/04/20 11:09 AM
こんにちは。
風車とチューリップの町並み、すてきですね〜 うっとりです。
私がハウステンボスを訪れたのは15年くらい前の夏ですが
やはりチューリップがきれいだった記憶があります。
オランダ=チューリップということで、季節を問わず絶やさないようにしているのかもしれませんね。

当時はチーズ作りや木靴、オルゴールなどオランダにフォーカスしたものだけでしたが
HISになってから、アトラクションがたくさん増えたのですね。
蛇口からチョコレート、私も体験してみたいです。

おみやげのチョコレートは残念でしたね。
あんまりあっさりした対応だと、ちゃんと見てくれたのかな?と心配になりますね。
from: ruri   2017/04/20 7:17 PM
つちくれさん

私は食べることが大好きなので、食べ物の話題に興味を持っていただけると、とても嬉しいです。
ワインの城もチーズの城ものんべえには嬉しいお城でした。

運河の護岸、専門の方がご覧になると、手間がかかっているとかも分かってしまうのですね。
製作に携わった人々は、自分たちの作業を理解できるお客さんがいらしたことは嬉しいでしょうね。

街並みが素敵なのはもちろんですが、チューリップも本当に素敵なので、ぜひ行ってみてください!
撮影が楽しいと思いますよ。
from: ruri   2017/04/20 7:22 PM
はるこさん

ハウステンボス、楽しかったですよー。
アトラクションがたくさんあるから、どれにしようか迷ってしまうし、
園内も広いから、遊ぶにしろ写真撮るにしろ、大忙しといった感じでした。
仮面舞踏会は参加できなくて残念でしたが、招待状があると、マントと仮面が借りられて、会場に入れるようでした。
一般の人もお金を支払えば入れそうでした。

チョコレートドレスのコスプレは、なかなか楽しいから、はるこさんもぜひ!♪
from: ruri   2017/04/20 7:27 PM
セレンディピティさん

ここは風車とチューリップの風景が最高ですね。
オランダに行った気分になれます♪

チューリップは春のお花かなと思っていましたが、品種改良で冬や夏も咲く種類があるのかも知れませんね。
確かに風車のそばには常にチューリップが咲いていて欲しいです。

HISになってから、本当に色々なアトラクションができたなぁと思いました。
オランダはもう関係なし!でした(笑)
まぁ国内の2大テーマパークに対抗するとしたら、オランダ押しではなかなか難しいでしょうからね。

チョコレートは本当に残念でしたが、忘れた方が悪いから仕方がないですよね。
これから部屋を出る時、冷蔵庫のチェックが入念になりそうです。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ruriiro-blog.jugem.jp/trackback/937
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.