ワタシの旅じかん

Go around the world!!

月イチでどこかへ旅行したいと思っている沖縄在住のOLブログ。那覇から行けるアジア圏や、国内旅行が多め。
旅行記以外は沖縄食べ歩き、おうちごはんなど、食べ物の話題を中心に、いろいろ更新しています。

★2017年2月の長崎旅行記を更新しました★

★2017年1月のマカオ旅行記更新しました★

*ブログは週末に更新してます*

*画像は縮小とサイト名挿入以外の加工は一切致しておりません♪*
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
etc・・・
travel for a change

楽天トラベル株式会社

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

JAL日本航空 先得

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

A registration site


にほんブログ村


にほんブログ村

人気ブログランキングへ



写真素材 PIXTA

ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「骨折り損の・・・」な春でした
    ruri (05/22)
  • 「骨折り損の・・・」な春でした
    マハロパパ (05/16)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    ruri (05/09)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    マハロパパ (05/07)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    ruri (05/06)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    ruri (05/06)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    ruri (05/06)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    rabi (05/06)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    つちくれ (05/05)
  • 日本式天ぷらを気軽に食べるならココ!天ぷら食堂桜囲
    模糊 (05/05)
RECENT TRACKBACK
My favorite shop


お買い物♪


かわいいカメラグッズのお店


ニコンのお店♪

My favorite travel items



スキミング防止に。


ミッフィーちゃんのモバイルバッテリー




旅行はぺたんこ靴が楽ちん♩

チェック中…。





欲しいけれど入荷がだいぶ先・・・


折りたためるハットは
イタリア行った時から
欲しかった!!


もうひとつ欲しいモバイルバッテリー

レンズ交換不要になるのかなぁ??
旅行で使いたい高倍率ズームレンズ
MOBILE
qrcode
PR
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
鎖国時代唯一の外国に開かれた窓口、出島(Dejima)で当時に思いを馳せる
長崎2日目の朝。
この日は午前中に、2015年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼,造船,石炭産業」の物件の一つ、端島炭坑、通称軍艦島のツアーを申し込みしていました。ホテルの部屋から外を見てみると、雪が舞っていました。うーん、怪しい。
案の定、軍艦島ツアーの会社から電話がかかってきました。

「本日は悪天候のため、軍艦島ツアーは中止となりました」

との事。そうだろうなぁとは思っていたけれど、やっぱり中止かぁ〜。
でも、大寒波で寒い中、船に乗って軍艦島に行っても、寒くて見学どころじゃないだろうなーとも思っていたので、中止になって良かったのかもと思いました。
軍艦島ツアーは、また暖かくなってから行けばいいしね〜。

なんばんえびす様

「また長崎に来なさいってことですよ。フォッフォッフォッ」
となんばんえびす様が笑って仰っていました。

おらんだ橋

お昼まで軍艦島ツアーに参加予定だったので、午前中まるまる空きました。とりあえずホテルをチェックアウトし、荷物を預けて、街に出てみました。空はすっかり晴れている!!がーん。
でも海は荒れているでしょうからねぇ。乗り物酔いが心配だから、中止で正解ですよ。それより晴れたから長崎市内を歩くには良かったというものです。
軍艦島ツアーの代替で選んだのは、出島です。ガイドブックでも紹介されていて、当時の建造物が復元された出島内の散策が面白そうだなぁと思ったので、日本史の復習がてら行ってみることにしました。

途中のおらんだ橋のところで、思いがけずかわいらしいなんばんえびす様に出会って、バシバシ写真を撮りまくりました。

なんばんえびす様

何てかわいらしい!!オランダ人をイメージしているのか、お鼻が高くて目がぱっちり。左手でしっかり鯛を抱えているところも素晴らしい!!

時計

えびす様と遊びすぎ!!時間は大丈夫か?!(笑)時計は12時を指したままですよ。昼までえびす様を写していたわけではありません(笑)

さて、出島へ向かいましょう。入場料は大人ひとり510円です。

オブジェ

出島内で最初に見つけたオブジェです。人の顔と人の組み合わせが芸術?

出島模型

模型

模型橋

出島全体のミニチュアがありました。扇型の島に、色々な建物があったようですね。
写真を撮っていたら、雪が降ってきました。おぉぉ、カメラが濡れるー!傘はスーツケースだ、すぐに建物に避難だと慌てて移動しました。

ミッフィーちゃん

建物に移動しようとしたら、雪は小降りになりました。さらにこれ!!
大好きなミッフィーちゃんの看板を見つけました。そうです、そうです、ミッフィーちゃんの生みの親、ディック・ブルーナさんはオランダ出身の方です。ミッフィーちゃんはオランダ人なのです!まさか出島でミッフィーちゃんに会えるとは。オランダとゆかりがある出島だから、ミッフィーちゃんの看板を置いてくれたのでしょうね。
雪も落ち着いたところだしと、ここでも写真を撮りまくりました。

出島内

当時の建物が復元されたエリアは、雪がちらついていたからか、外を歩いている人はまばらでしたが、様々な資料が展示されている建物内には観光客がけっこういました。寒いから暖かい建物内に留まりたいですよねぇ。
ガイドブックによると、出島内では着物のレンタルが出来るお店があって、着物を着ながら散策ができるみたいです。ちょっと楽しそう♪と思ったのですが、この日はとにかく寒かったから、コート脱いで着物で散策・・・?いやぁ、ちょっと無理だなとあっさりあきらめました。
外国の観光客にも喜ばれそうですよね。キモノで散策って。

ワイン

建物の一つに入ってみたら、畳のお部屋にテーブル、テーブルの上には赤ワインが注がれたグラスと洋食器が置かれていました。おもてなしのお部屋でしょうか。コルクとワインオープナーまで置かれていて細かい。

御馳走が並ぶテーブル

うふふ。ごちそうが並ぶテーブルだぁ!

メイン??

これはメインディッシュ??しかもオレンジかじりついている!!(汗)
前日にランタンフェスティバルで見た、お供え物から想像するに、長崎では豚さんがごちそうなのでしょうか?沖縄と通ずるものがあるなぁ〜。中国文化の影響かしら??
ミニチュアでもメイン

ミニチュアで再現されたお食事シーンでも、メインディッシュはやはり豚さん!!オランダさんはびっくりしなかったのかしら??それともオランダさんが持ち込んだ?!

手すりが洋風

建物の窓に付けられた手すりが洋風で、和と洋のコラボが面白い。
ところで復元された建物内、お部屋は畳で、畳の上にソファやテーブルが置かれていました。外国って家の中でも靴を履いていますけれど、出島ではどうだったのかしら?と素朴な疑問がありました。

素足

ミニチュアを見ると、着物を着た女性は素足です。まぁ日本人はそうですよね。畳の上では靴も草履もはきません。せいぜい足袋?では、オランダ人はどうだったのかしら?

靴

あぁぁ、椅子に座って優雅に赤ワインを召し上がっていらっしゃるオランダさんですが、靴ー!!はいてますよー!!せっかくの畳が・・・。給仕をしている人は洋服を着ていますが、素足ですねぇ。この方は日本人なのでしょうか?それとも使用人は素足なのか?
江戸時代当時の日本人、畳に土足で上がられてどう感じたのか・・・。異文化を受け入れられるくらい大きな心をお持ちだったのか?!
私だったら土足で家に上がられたら、「NO−!!!」って叫ぶだろうなぁ・・・。いや、叫べないか(汗)叫んだら捕まるか。




にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
クリックありがとうございます!


インスタ用
↑インスタでは趣味全開の写真をアップしています。遊びに来てね♪



 


路面電車の駅近くで観光に便利だったし、スタッフの対応も素敵でした。



 




うちはるるぶと2冊持ち。




お揃いストラップ付けてカメラは斜め掛けしてスタンバイ!




レンズキャップにチェーン付いているから、キャップの着脱が楽ちん♪




三脚ケース付き♪耐荷重にゆとりがないけれど、旅行だったからこのくらいコンパクトなものが良いなぁ。





 


ようやくソフトコンタクトレンズデビューしました(笑)普段は今まで通りハードレンズ使っていますが、旅行中は使い捨てが便利ですね。





JUGEMテーマ:旅行



ランタンフェスティバルの後はPrivate Kitchen 私房菜 きりんで中華を味わう
ランタンフェスティバルの見学の帰り道、軽く食事をするか、コンビニで買い物をしてホテルの部屋でゆっくり飲むかという話になりました。とにかく寒くて体が冷えているから、一刻も早くホテルに戻りたいという気持ちがありましたが、せっかくの旅行だし、どこかで軽く飲みたいという気持ちもありました。
でもイベント中だから、お店はどこもいっぱいかもねぇーと言いながら、ホテルの近くのお店に寄ってみて、入れそうだったら入ろうということになりました。立ち寄ったお店はPrivate Kitchen 私房菜 きりんです。

私房菜きりん

店内はお客さんでいっぱいでしたが、ちょうど手前のテーブル席が空いていたのでそこに案内されました。お店の中はとーっても暖かくて天国のようでしたよ。しかもテーブルにはブランケットまで用意されていたので、使わせて頂きました。お店に入るまでは、こりゃもう焼酎のお湯割り以外に飲めないわって思っていましたが、店内の暖かさに予定変更で、いつもの、とりあえずってヤツを注文しました。

ビール

そのとりあえずってヤツのビールです。寒かった外で数時間過ごしていましたが、水分を取っていなかったので、多分体は水分不足でした。そこに流し込むビール!!うまし!でした。温かい場所で飲む冷たいビールは最高です。

とにかくアルコールが飲みたかったので、食べ物は軽く。
夕方に長崎ちゃんぽんと皿うどんを食べていたので、お腹はそんなに空いていませんでしたのでね。メニューを見たらランタンフェスティバル限定の火鍋がありました。冷えた体を温めるのは良さそうなメニューではありますが、うーむ、鍋は量が少し多いかなと思い、火鍋は止めました。

春巻き

アラカルトからオツマミになりそうなものを注文しました。まずは春巻きです。揚げたての春巻きを食べるのって、ものすごく久しぶりです。そういえばお惣菜でたまーに買うくらいだもんなぁ。好きな料理だけど、家では揚げ物しないから作らないからなぁ。
で、この春巻きが揚げたてだからあっつあつでビールが進みます!しかも皮がサックサク、とろっとした具もたっぷりでとってもおいしいー!

麻婆豆腐

麻婆豆腐は、唐辛子や山椒が使われているから、体が温まりそうと思って注文しました。これが狙い通りで、山椒が効いていて、なかなかの辛みでした。私は辛いものにあまり免疫がないので、すぐに体が温まり、逆に熱くなってきました。ほほー、スパイスの力ってすごいですね!
後引く辛さで、箸が止まりませんでした。

イカの炒め物

あとはイカの炒め物を注文しました。イカには包丁で切れ目が入っていたので、とても食べやすかったです。一緒に炒められた野菜も歯ごたえがしゃっきりしていて、おいしかったです。

ハイボール

すっかり体が温まった私は、お代わりでハイボールを注文しました。相棒ちゃんは焼酎のお湯割りを。
おいしい中華料理とアルコールのおかげで、寒空の下で冷え切った体が温まりました。おかげ様で風邪をひくことなく、ぐっすり眠ることができました。



◆長崎旅行中のグルメ関連記事

中華料理四海樓で本場の激ウマ長崎ちゃんぽんを食べてきた!

まるで大人の「お子様ランチ」!長崎名物トルコライスを食す

ハウステンボスで勝手にグルメツアー

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
クリックありがとうございます!


インスタ用
↑インスタでは趣味全開の写真をアップしています!ぜひ遊びに来てね♪



 


路面電車の駅近くで観光に便利だったし、スタッフの対応も素敵でした。



 




うちはるるぶと2冊持ち。




お揃いストラップ付けてカメラは斜め掛けしてスタンバイ!




レンズキャップにチェーン付いているから、キャップの着脱が楽ちん♪




三脚ケース付き♪耐荷重にゆとりがないけれど、旅行だったからこのくらいコンパクトなものが良いなぁ。





 


ようやくソフトコンタクトレンズデビューしました(笑)普段は今まで通りハードレンズ使っていますが、旅行中は使い捨てが便利ですね。




JUGEMテーマ:旅行



長崎ランタンフェスティバル2017
毎年旧暦の元旦から15日間開催されてる長崎ランタンフェスティバル。テレビでその映像を見たことがあって、真っ赤なランタン(中国提灯)や、華やかなオブジェがとてもきれいで一度見てみたいなぁと思っていました。
ここ数年、寒い時期は台湾やベトナムへ旅行していましたが、今年はこの長崎ランタンフェスティバルを見るために長崎旅行を計画しました。
宿泊したホテルのフロントのお姉さんから、ランタンフェスティバルの地図を受け取り、特におすすめのスポットを教えて頂きました。

孔子廟

孔子廟

まず最初に向かったのは孔子廟です。こちらは、中国の博物館から借り受けた貴重な文化財が展示されている博物館で、入館には入館料が必要なのですが、フロントのお姉さんから、

「18時以降は入場料が無料になるから、18時以降に行ったらライトアップもされているし良いですよ」

という素敵情報をゲット。
そんな訳で18時過ぎにお伺いしました。おそらく博物館の見学はできないけれど、ランタンのライトアップを楽しんでくださいねということなのでしょうと勝手に解釈しました。

七十二賢人像

七十二賢人像

門をくぐって中に入ると、目に入ってくるのが七十二賢人像です。等身大との事です。圧巻でした。

中央をぐるりと囲うように通路があり、お祭りならではでしょうね、屋台がいくつか並んでいました。そして、中央では雪が舞う寒空の下、ギター(?)を持った女性が、映画「君の名は」の主題歌を歌っていました。こんなステージもあるんだと思いましたが、いやぁ、雪の中ギター(??)弾きながら歌っているのが気の毒に見えましたよ。寒そうー!!

鯉のぼり?

孔子廟の外には、大きなランタンのオブジェがありました。これは、鯉が上に向かってのぼっているのでしょうか??ビッチビチと活きが良さそう!

勇ましい

活きの良い鯉たちの上には勇ましい牛(?)と武士(?)がいます。ランタンの赤や黄色の明かりがとても華やかでキレイでした。



次に訪れたのは、眼鏡橋です。

眼鏡橋

眼鏡橋の周辺では黄色のランタンが飾られていました。ランタンって赤のイメージが強いのですが、黄色もあるのですねぇ。エリアによってランタンの色を変えているのでしょうか?

眼鏡橋

川の中にも華やかできれいな鳥のオブジェが置かれていました。鳥たちが優雅で今にも飛び立ちそうって思いました。水面に映る黄色のランタン。三脚使って写したらもう少しキレイに写せたかなぁ〜?

眼鏡橋周辺には様々なランタンのオブジェがありました。

ペガサス

かっこいいペガサス

鯉

川の側だから?鯉

笛吹

笛を吹く人

辰

十二支のオブジェが並ぶ場所がありました。これは辰。やっぱり十二支の中では一番カッコイイかなぁーって思います。架空の生き物だからアレンジしやすいというのもあるのかな?

兎

これは兎です。いつもかわいくデザインされる兎も何だかコミカルで面白いって思っちゃいました。お花のワンポイントと大好物のにんじんでかわいさを添えています。



ランタンフェスティバルの会場は、あちらこちらに点在していました。なので、あちらこちらへと移動しますが、街中がランタンで彩られているので歩くのも楽しいです。

財を招く

とても縁起が良さそうな、財宝を招き入れてくれそうなオブジェがありました。

アーケード


アーケードの中も、ランタンが飾られていました。
このアーケードにて、夜の寒さ対策として防寒グッズを仕入れました。まずはドラッグストアで貼るタイプのカイロ、それから100円ショップで相棒ちゃんは手袋を購入しました。手袋は100円じゃなくて500円の良いやつ。手袋しないとカメラを扱うのも寒いですからね。しっかり防寒対策して、ランタンフェスティバルを楽しみました。

お供え?

これは何だろう?お供え物のオブジェでしょうかね?両脇の魚が鯛?かなと思って、勝手におめでたいものと解釈をしました。

ドラゴン

アーケードに現れた大きな黄色のドラゴン!かっこいいー!強そうだー!

長崎新地中華街入り口

眼鏡橋から歩いて向かったのは、長崎の中華街です。やっぱりランタンフェスティバルのメイン会場と言ったらここでしょう!入り口の周辺も様々なランタンオブジェが飾られていて、多くの人で賑わっていました。

鳥の船

華やかな鳥の船のオブジェ、これで優雅に川下りなんかゼイタク(笑)多分庶民は乗れないでしょうけれどねぇ。王様専用っぽいですもの(笑)

春節祭

春節祭。
こちらのエリアでは、ピンク色のランタンを見ました。へー、ピンクのランタンってかわいらしいですね。何だか桜の季節のようで、華やかで素敵。中国の影響からか、勝手に赤や黄色の原色が目立つ印象かなぁと思っていたランタンフェスティバルでしたが、淡い色も素敵なフェスティバルです。

提灯

提灯

さっそく中華街へと行ってみました。道の両側に中国料理のお店が立ち並ぶ中のこの赤いランタン!中国の街に迷い込んだような雰囲気でした。あちこちにある中華料理のお店のメニューを眺めては、中華おいしそーなんて思いながら、赤いランタンの下を歩きました。

色々提灯

間もなく、イベント会場に到着しました。こちらではステージがあり、催し物が行われていました。
上から吊るされたランタンも、今まで見てきた丸いランタンではなく、様々な形や色、デザインがあり、絵や文字が描かれています。

天井にたくさん

会場の天井にはたくさんランタンが飾られていました。そしてこちらにも様々なランタンのオブジェがありました。扇や蓮の花の形をしたものから、いろんな形のものがありました。

楊貴妃

こちらは絶世の美女、楊貴妃のランタンと紹介がありました。髪には大きな髪飾りや花を付けて華やかな印象です。手には杯を持っています。

お花

ランタンで作られたお花があちらこちらに飾られていました。とてもカラフルで華やかです。

福を呼ぶ子供

大きな「福」を背負った女の子のランタンオブジェ。何だか幸福を呼び込んでくれそうです。

お参り

会場内には、大きな祭壇がありました。その祭壇にお参りをするために、人が並んでいました。せっかくだから私たちもお参りしようかと列に並びました。

お供え物

お供え物

その祭壇にはお供物がたくさん供えられていたのですが・・・。
野菜や果物、お菓子はまぁ、お馴染みかなぁとは思うのですが、豚さんのインパクトがかなり衝撃的でした。祭壇の手前にあった「このお供物はすべて本物です。」の文字が生々しい。
これね、本当に衝撃的なビジュアルで、大人の私が見てもびっくりでしたので、当然ながら子供さんは怖いー!!って大泣きしていましたよ。そりゃそうだよなぁとお子様に同情しました。それでも泣きながらきちんとお参りしていたから、お利口さんなお子様だなぁと感心しました。




ランタンフェスティバルの会場を全て回ることはできませんでしたが、それでも3か所回れたから大満足でした。カラフルな中国ランタンや大きなランタンのオブジェ、とてもきれいで圧巻でした。生で見られて良かった〜!もう少し暖かければ、もっとじっくり回りたかったのですが、寒さには勝てませんでした。
それからやっぱり三脚使って撮影もしてみたかったなぁ。荷物にはなるだろうけれど、せっかくだし。
三脚で撮影したら、絶対素敵ランタン写真が撮れただろうなぁ〜とか言って、自分のカメラスキルを棚に上げて、「やっぱり夜景は手持ち撮影より三脚でしょ!」的な空気感を出す私(笑)イヤイヤ、カメラがお上手な方は、手持ちでも美しい夜景の撮影はできますよ。私のスキル不足なんです(涙)
もっともっとカメラの練習をしなくてはならないなぁと改めて感じました。

映り込み

映り込み

車のフロント部分に映りこんでいたランタン。何気なく写してみましたが、本人はけっこう気に入っていたりします。


◆長崎旅行中のライトアップ関連記事

イルミネーションランキング堂々の1位!夜のハウステンボスに現れる光の王国


にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
クリックありがとうございます!


インスタ用
↑インスタでは趣味全開の写真をアップしています!ぜひ遊びに来てね♪


私が持っている三脚は、旅行で持ち運ぶには少しゴツイかもですが、とても使いやすい♪




三脚ケース付き♪耐荷重にゆとりがないけれど、旅行だったからこのくらいコンパクトなものが良いなぁ。




 




うちはるるぶと2冊持ち。




お揃いストラップ付けてカメラは斜め掛けしてスタンバイ!




レンズキャップにチェーン付いているから、キャップの着脱が楽ちん♪




 


ようやくソフトコンタクトレンズデビューしました(笑)普段は今まで通りハードレンズ使っていますが、旅行中は使い捨てが便利ですね。


JUGEMテーマ:旅行

中華料理四海樓で本場の激ウマ長崎ちゃんぽんを食べてきた!
自他共に認める麺好きの私が、長崎で注目していた料理と言えばやっぱり本場の長崎ちゃんぽんと皿うどんです。
長崎ちゃんぽんはあの有名なチェーン店、リンガーハット(※音が出ます!)で時々食べており、あれはあれで安いし野菜たっぷりだしおいしいしと、結構満足しちゃっております。それでもやっぱり本場の長崎ちゃんぽんが食べたい!リンガーハットの長崎ちゃんぽんとどう違うのかが気になる!と言う訳で本場の長崎ちゃんぽんを食べるために訪れたのはこちらです。

四海樓

中華料理四海樓です。何だかものすごい大きな建物で、存在感があります。
今回、長崎ちゃんぽんを食べるお店、実ははっきり決めておりませんでした。ことりっぷやるるぶで事前に調べてはいたものの、「ここ!」というのは決めておらず、この四海樓は大浦天主堂見学の後、偶然通りがかったので、立ち寄ることにしたという。本場の長崎ちゃんぽんが食べたい!という強い想いがありつつ、お店を決めかねておりました。四海樓に辿り着いたのは偶然ではなく必然だったのかもです。

四海樓

こちらのお店、人気店の様で、ガイドブックによると常に混んでいるとの事でした。時間を確認すると、夜の営業時間が17時からで、私たちが着いたのは17時過ぎ。これはちょうど良いタイミングだったかも。
大きな建物ですが、レストランはどこから入るのかなぁ?と思ったら、エレベーターで5階へという案内がありました。

提灯

お店の名前が書かれた看板やこの赤い提灯が、中国っぽくて、異国情緒たっぷりです。

エレベーターでお店に到着。まず目に入ってくるのが大きな窓ガラスとその先に見える海。窓際の席は全てお客さんでいっぱいでした。私たちは中央のテーブルへと案内されました。温かいお茶とおしぼりが冷えた体に嬉しいです。

ちゃんぽん

注文したのはもちろん長崎ちゃんぽんです。ほほー、錦糸卵が上にのっているのですね。野菜や魚介の具がたっぷり入っています。具材のエキスが溶け込んが白濁したスープは、コクがあって、とってもおいしくて、箸が止まりませんでした。これはおいしい!

皿うどん

皿うどん

もう一品、皿うどんも注文しました。私は皿うどん、パリパリの細麺よりも断然太い生麺が好きです。こちらも具材のエキスがたっぷりで旨みたっぷりのスープが麺と具に絡んで、とてもおいしかったです。ビール欲しくなりましたね。

どちらもおいしすぎてあっという間に完食でした。これは食べ慣れたリンガーハットの味とは全然違います。リンガーハットはあれで充分イケルのですが、やはり四海樓の長崎ちゃんぽんは本場ものの、貫禄のあるおいしさでした。これはまた食べたい。今すぐ食べたい!



本場のおいしい長崎ちゃんぽんを食べたら、そのルーツを知りたくなりませんか?
そんな方は、この建物の2階に長崎ちゃんぽんのルーツが分かる資料館があるので、立ち寄ってみましょう。入館料は無料なのですが、当時の写真や器なんかも展示されていて、なかなか見応えがありましたよ。

水路

さて、食後はいよいよ、今回の長崎訪問のメインイベント、ランタンフェスティバルの見学です。夜はますます寒くなりますが、華やかなライトアップを見るために行って来ますぞー!


◆長崎旅行中のグルメ関連記事

ランタンフェスティバルの後はPrivate Kitchen 私房菜 きりんで中華を味わう

まるで大人の「お子様ランチ」!長崎名物トルコライスを食す

ハウステンボスで勝手にグルメツアー


にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
クリックありがとうございます!


インスタ用
↑インスタでも長崎旅行の写真をアップ中です!遊びに来てね♪




 




うちはるるぶと2冊持ち。




お揃いストラップ付けてカメラは斜め掛けしてスタンバイ!




レンズキャップにチェーン付いているから、キャップの着脱が楽ちん♪




 


ようやくソフトコンタクトレンズデビューしました(笑)普段は今まで通りハードレンズ使っていますが、旅行中は使い捨てが便利ですね。




JUGEMテーマ:旅行



長崎市内観光!グラバー園から大浦天主堂
大寒波襲来で凍える寒さに見舞われた日本列島(2月のお話です)。その影響で九州でも雪となり、当初乗る予定だった特急かもめは運休し、予定よりも1時間ほど遅れはしたものの、無事長崎駅に到着しました。まずはホテルに行ってチェックインを済ませて荷物を置いて身軽になり、さっそく長崎市内の観光へと出かけました。

路線バス

長崎市内の移動はこの路面電車です!日中は本数も多くてこまめに電車が来る印象でした。一日乗車券が500円であります。長電アプリをダウンロード(無料)して利用できるモバイル一日乗車券も同じく500円。これは便利ですね。私たちは基本、歩く派ということと、観光を15時過ぎから始めたことから一日乗車券は買いませんでしたが、朝から晩までまるまる長崎市内観光という場合は、絶対に一日乗車券を購入した方がお得です。ちなみに運賃は乗車距離関係なく、120円です。安いでしょう〜。だから1日5回以上路面電車に乗るなら一日乗車券が良いってことですね。

路面電車

路面電車

路面電車、普段見ないからバシバシ写しまくる怪しい観光客2名(笑)形や色が違う車体が次から次に来るから見ていて面白かったです。

雪

写真ではあんまり分からないけれど、雪が舞っていました。相棒ちゃんのコートに着地した雪を撮影(笑)何年も雪が降らない場所に住んでいるとこんなに浮かれてしまうというね。

さて、一通り路面電車を眺めた後に乗車した路面電車で向かったのは。

カロリー

お酒・食事処カロリー!!

じゃないですー!!(笑)

カロリー

お店の名前のインパクトが凄すぎる且つ、激しく共感できるネーミングに思わず撮影しちゃいました。
でも入店する勇気はありませんでした。どなたか行ったことある方いらっしゃいますかー?またはこれ見て興味を持った方はぜひ行ってみてください!!そしてご報告お願いします!



通り道にあった食事処カロリーを通過し、到着したのは。

グラバー園エレベーター

エレベーターです。長崎は坂の街だからでしょうか。エレベーターがありました。私たちが利用する時、小学生くらいの男の子が一人で乗り込み、慣れた様子で自分が降りたい階のボタンを押していました。途中で男の子は降りて、私たちは最上階まで。

坂の街

わー!!絶景ですー!!

って、言うか、階段で上がるのとか絶対に無理!!エレベーターないと無理!無理とか言っちゃダメだけど、いやぁ、無理です。この高さを毎日階段で往復するとか想像するだけで息切れして倒れそうです。このエレベーターは住民の大切な足ですね。

案内板

エレベーターを降りたところで案内板を見つけました。グラバー園と書かれた矢印の方面へと歩いて行くと再びエレベーター登場です。どんだけですか、長崎・・・。坂の街というか、山の街?
グラバー園はずいぶん高い場所にあるもんだなぁと思いながらも、エレベーターで楽ちん移動で到着しました。

旧三菱第2ドックハウス

グラバー園に入場して、まず最初に見学したのはこの旧三菱第2ドックハウスです。2階建てのおしゃれな洋館で、ベランダからは長崎市内を一望できます。

ワインのコーナー

建物の中にワインボトルが飾られた部屋がありました。どうやらワインの試飲ができるようで購入もできるみたいです。いつもなら食いつくワインの試飲なのですが、体が寒くて寒くて、冷えたワインを飲む気力がなく、今回は飲みませんでした。

おしゃれ取っ手

窓に付いていた花柄の取っ手がかわいかったなぁ〜。アンティークな趣で素敵。

旧リンガー住宅

旧リンガー住宅

旧リンガー住宅。リンガーさんは製茶やらホテル経営なども行っていたやり手の実業家のようです。あの有名なリンガーハットの店名の由来は、このリンガーさんかしら?

西洋料理発祥の碑

西洋料理発祥の碑

園内で見つけた「西洋料理発祥の碑」。鎖国をしていた日本で、唯一外国の文化に触れる機会があった長崎ならではですね。

自由亭

昔は西洋料理のお店だったようですが、今は自由亭というカフェになっているようです。寒いからここで休憩でもと思いつつ、多分腰を据えてしまって根っこが生えてしまうくらい居付きそうだったので止めておきました。

旧グラバー住宅

旧グラバー住宅

旧グラバー住宅

こちらが日本最古の木造洋風建築の旧グラバー住宅です。2015年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼,造船,石炭産業」の物件の一つですね。軍艦島として名前が知られている端島炭坑も同じくこちらの物件として世界遺産に登録されました。
こちらの主のグラバーさんはキリンビールの生みの親のお一人なのだそうです。

こま犬

キリンビールのラベルにデザインされている麒麟のモデルになったこま犬が、ガラスケースに入れられて展示されていました。ラベルにある麒麟のひげは、グラバーさんのひげを基にしたというエピソードもあるそうですよ。

ごちそう

グラバー邸のとある日の食卓でしょうか?豪華ー!!おいしそう!そして西洋料理。オサレだわ〜。

グラバーさん

グラバーさんの銅像かな?確かに、おひげが立派です。麒麟にデザインしたくなるくらい立派で素敵なひげでございますね!

アーチの門

グラバー邸退出。どうもお邪魔いたしました〜。



グラバー園の見学の後は、すぐそばにあった大浦天主堂です。

大浦天主堂

教科書でよく見た大浦天主堂。学生の時に修学旅行でも訪れたのですが、全く記憶に残っていないというね・・・。建物の中は撮影禁止でした。お祈りしている方がいらしたので早々に失礼しました。

聖母像

こちらの聖母様はフランスから贈られたのだそうです。どういう由来なのかなと思って調べてみたところ、大浦天主堂の設計指導者がフランス人宣教師だったようです。その関係で頂いたのでしょうかね。



にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
クリックありがとうございます!



 




うちはるるぶと2冊持ち。




お揃いストラップ付けてカメラは斜め掛けしてスタンバイ!




レンズキャップにチェーン付いているから、キャップの着脱が楽ちん♪




 


ようやくソフトコンタクトレンズデビューしました(笑)普段は今まで通りハードレンズ使っていますが、旅行中は使い捨てが便利ですね。


JUGEMテーマ:旅行



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.